@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀伝体【きでんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀伝体
きでんたい
ji-zhuan-ti; chi-ch`uan-t`i
編年体,紀事本末体とともに中国歴史叙述の一形式。皇帝伝記である本紀臣下の伝記,諸外国のことを記した列伝を中心に,表 (年表,世系表,人名表など) , (本紀列伝に入らない社会の重要事項,,暦,天文,五行,食貨刑法地理職官など) が加えられている。『史記』に始り,歴代正史はみなこの形式によっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きでん‐たい【紀伝体】
歴史記述の一形式。本紀(ほんぎ)(帝王の年代記)・列伝(臣下の伝記)・志(社会の現象)・表(年表や系譜など)から成るが、本紀と列伝が中心なのでこの名がある。「史記」に始まり中国の正史形式の標準となった。→編年体紀事本末体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きでんたい【紀伝体 jì zhuàn tǐ】
中国,歴史叙述の形式の一つで,編年体,紀事本末体と併せて史の三体という。司馬遷の《史記》に始まる形式である。《漢書》以下の正史がこの形式を踏襲するため,《隋書経籍志では紀伝体の史書をすべて史部正史類に分類するのであって,正史の体ともいう。天子の伝記や国家の大事を記す本紀,臣下の伝記や諸外国の出来事を記す列伝,地理,法制,経済などの重要な事項をまとめた志,年表,功臣表などの表よりなるが,志,表は欠けることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀伝体
きでんたい

中国、前近代の基本的な歴史叙述の形式。司馬遷(しばせん)の『史記』で創案された体裁であり、後の「正史」に受け継がれた。紀(本紀(ほんぎ))は年代記、伝(列伝(れつでん))は人物史である。『史記』『北史(ほくし)』『南史(なんし)』などの通史の場合の本紀は、各王朝の大筋の歴史、または帝王ないしはそれに準じる者の事跡を編年体で記す。『漢書(かんじょ)』などの断代史の紀は、皇帝ごとの年代記としての帝紀(ていき)となる。正史の場合には、紀と伝のほかに、各種年表の表(ひょう)、制度・学芸・経済などの分野別の歴史である志(し)・書(しょ)、諸侯・群雄を別項としてたてる世家(せいか)などの部分が加えられることもあり、外国史は一般に伝の部分に編入された。

[尾形 勇]

『『支那史学史』(『内藤湖南全集11』所収・1969・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きでん‐たい【紀伝体】
〘名〙 歴史書記述の一体裁。個人の伝記を重ねて、一代の歴史を構成するもの。帝王の伝記である本紀(ほんぎ)、臣下の伝記である列伝を中心とし、年表、世系表などの表、社会の重要現象を記す志から成る。紀伝。「史記」にはじまり、中国ではこれが正史の体例となり、日本では「大鏡」がこれによる。→編年体紀事本末体。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

紀伝体
きでんたい
中国の歴史書で,皇帝の年代記と個人の伝記とを合わせて記述する形式
司馬遷 (しばせん) の『史記』に始まり,『漢書』で完成。歴代の正史(二十四史)がこの形式を踏襲し,中国史書編纂 (へんさん) の正統とされた。本紀・列伝・表・志からなる。本紀は帝王歴代の年代記,列伝は臣下の伝記と外国の記録。表は年表・世系表・人名表など。志は礼・楽・暦・天文・五行・食貨・刑法・地理・職官など重要事項を集録した。この形式は,日本・朝鮮の史書にも採用された。編年体・紀事本末体とともに三体といわれる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紀伝体
きでんたい
歴史叙述の一方法。編年体に対するもので,本紀と列伝を立てて叙述する方法
本紀は帝王の一代の大事を年月順に,列伝は主として個人の伝記を記す。中国の司馬遷の『史記』に用いられたのに始まり,その後,正史の記述形式として定着。日本では,六国史が本紀の体裁で書かれ,『大鏡』は和文の紀伝体である。『大日本史』はその典型

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀伝体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀伝体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation