@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀伝道【きでんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀伝道
きでんどう
平安時代の大学寮における学問四道の一つ。中国正史史記』『漢書』『後漢書』の三史と『文選 (もんぜん) 』などの詩文を教科とする。元来,令制大学寮の規定には,三史や文章の教科はみえないが,神亀5 (728) 年大学寮に文章 (もんじょう) 博士1人をおき,『文選』の講読や作文の教授にあてた。のち吉備真備が唐から帰朝し,史書 (紀伝) 尊重の風を振興,大同3 (808) 年初めて紀伝博士1人を文章博士と併置し,ここに紀伝道の名は公的になった。しかしのち良家の子弟の多くが文章道を志し,紀伝道がふるわなくなると,承和1 (834) 年紀伝博士を廃して,文章博士を2人とし,以後,紀伝と文章とは同義語となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きでん‐どう〔‐ダウ〕【紀伝道】
律令制大学寮での四道の一。中国の史書・詩文を学ぶ学科。初め文章道(もんじょうどう)とよばれたが、平安時代に入って紀伝道が公称となり、四科の中で最も重んぜられるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きでんどう【紀伝道】
日本古代の大学寮の四道(主要な4学科)の一つ。元来,令制では経学を学ぶ明経道(みようぎようどう)が重んぜられていて,紀伝道は置かれていなかった。しかし,一般知識社会においても,特殊な政治・道徳理論よりも,史書・文章のほうが日常親しみやすいので,その専攻学科の設置が望まれるに至り,紀伝道が生まれることとなった。設置の最初は,奈良時代の半ばころ,728年(神亀5),文章博士(もんじようはかせ)1人が置かれ,ついで730年(天平2)に文章生20人が置かれたのに始まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀伝道
きでんどう

平安時代の大学寮の学科。紀伝、明経(みょうぎょう)、明法(みょうぼう)、算(さん)の四道の一つ。『史記』『漢書(かんじょ)』『文選(もんぜん)』などの史書、詩文などを教科内容とする。「令(りょう)」の規定では、明経道が根本であったが、728年(神亀5)に文章博士(もんじょうはかせ)が、730年(天平2)に文章生(しょう)が置かれ、紀伝道が盛んになった。808年(大同3)、文章博士と並んで、初めて紀伝博士が置かれ、紀伝道の学科名が成立した。学生のなかから、式部省の詩文を読む寮試によって擬(ぎ)文章生となる者が20人、さらに省試(文章生試)を受けて文章生(20人)となり、そのうち成績優秀なる者2人が文章得業生(とくごうしょう)となる。これは衣食を給せられる給費生であり、対策(方略試)と称する論文試験を受けて官位を給せられる。教官は文章博士。従(じゅ)五位下の官である。834年(承和1)には紀伝博士を廃し、文章博士1人を増し定員2名となった。他道たとえば明経道では、明経博士、明経生からなる学科を明経道と称したのに対し、文章博士、文章生などからなる学科を紀伝道と称することとなった。紀伝道は、文章道と別個の道(学科)を形成するものではなく、文章道と同じ道で職掌任務も一部分担するものである。紀伝道の家としては、平安時代を通じて菅原(すがわら)、大江、藤原氏の南家、式家、北家日野流があり、5家が独占した。

[山中 裕]

『桃裕行著『上代学制の研究』復刊(1983・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きでん‐どう ‥ダウ【紀伝道】
〘名〙 平安時代の大学寮の学科の一つ。中国の正史である史記、漢書、後漢書、三国志、晉書など、あるいは文選、詩文等の教授をした。この道としての公称は平安時代にはじまるが、実質的な学習は奈良時代にも行なわれていた。紀伝。
※新儀式(963頃)四「群書治要或用明経記伝各一人、近代雖読七経、只以記伝道宿儒博学被昇殿之輩

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紀伝道
きでんどう
平安時代の大学寮の学科の一つ
紀伝体で書かれた中国の『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』などに『文選』・詩文を加えた学科で,平安中期に確立した。官吏登用試験の重要科目とされたので盛んに行われた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀伝道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀伝道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation