@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀元節【きげんせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀元節
きげんせつ
1873年,神武天皇即位の日をもって祝日としたもので,2月 11日。明治5 (1872) 年,太政官布告によって神武天皇が即位した日をもって紀元とし,1月 29日が祝日と定められたが,翌 1873年,紀元節という名称と,祝日を2月 11日にすることが布告された。 89年2月 11日,大日本帝国憲法皇室典範公布が行われ,国家的祝日として強調されるようになり,1926年以降は国家主義的傾向の支柱ともなった。 48年に廃止されたが,66年に「建国記念の日」として復活した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きげん‐せつ【紀元節】
四大節の一。明治5年(1872)、日本書紀の伝える神武天皇即位の日に基づいて制定された祝日で、2月11日。昭和23年(1948)廃止されたが、昭和41年(1966)から「建国記念の日」として復活し、国民の祝日となった。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きげんせつ【紀元節】
1872年(明治5)の太政官布告によって,記紀説話の神武天皇即位の日を祝日とすることが定められたが,翌73年の二つの太政官布告によって,その日を2月11日とし,紀元節と呼ぶことが決められた。しかし神武天皇即位が架空の事実であるというだけでなく,推古朝以前に関する《日本書紀》の暦法が紀元節設定当時には明らかではなかったので,神武天皇即位日とされた辛酉年正月元日を太陽暦に換算することは不可能であったはずであり,2月11日の日付は当時の学問水準に照らしても無根拠であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀元節
きげんせつ

1872年(明治5)12月、明治政府によって定められた神武(じんむ)天皇即位日の祝日。当初は1月29日に指定されたが、翌年3月紀元節と命名、同年10月その日は2月11日に変更された。歴史的根拠があいまいな祝日を制定した意図は、天皇を中心とした国家支配の正当性を内外に誇示することにあり、小学校教育の普及に伴って国民のなかにも祝日として定着していった。紀元節には、大日本帝国憲法の発布(1889)や金鵄(きんし)勲章の制定(1890)が行われ、1926年(大正15)からは在郷軍人会や青年団・学校生徒を中心とする建国祭行事が各地で行われるなど、この日は国家主義や軍国主義の宣伝に大きな役割を果たした。太平洋戦争に際し、この日がシンガポール陥落の目標日として設定されたことも有名である。

 1948年(昭和23)7月国民の祝日法制定に際し、日本国憲法の理念にふさわしくないものとして廃止されたが、66年の祝日法改正に基づいて、佐藤栄作内閣では翌67年2月、2月11日を「建国記念の日」とすることを政令公布し、事実上の復活を遂げた。

[赤澤史朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きげん‐せつ【紀元節】
〘名〙 もと、四大節の一つ。「日本書紀」に神武天皇即位の日とする一月一日を太陽暦に換算したという二月一一日を祝日と定めたもの。明治五年(一八七二)制定。《季・春》
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉四四「紀元節の日には校門には日章旗が立てられ」
[補注]第二次世界大戦後、昭和二三年(一九四八)に廃止されたが、同四二年から「建国記念の日」として国民の祝日となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紀元節
きげんせつ
1872(明治5)年,明治政府により神武天皇即位の日として定められた国家の祝日
『日本書紀』に神武天皇が「辛酉 (しんゆう) 年春正月庚辰朔」に橿原 (かしはら) に即位したとあるのに基づいた。推古天皇以前の年月日の太陽暦換算は困難であるが,初め1月29日と定め,翌'73年2月11日と改めて一定した。神武即位は歴史事実ではないが,大日本帝国憲法の発布など近代天皇制確立の一環としてこの日が利用された。1948年廃止されたが,'66年国民の祝日法の改正により2月11日が「建国記念の日」とされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀元節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀元節の関連情報

関連キーワード

日本郵便制度史(年表)大不況サッカー(フットボール)鉄筋コンクリート構造月曜物語地租改正レーピンローン神祇志料バン=リード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation