@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀元【きげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀元
きげん
国家や宗教を建てた最初の年,また一国の経過した年数を数えるもとになる年をいう。 (→紀年法 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐げん【紀元】
歴史上の年数を数えるときの基準。また基準となる最初の年。現在、世界的に行われているのはキリスト降誕の年を元年とする西暦西紀)であるが、イスラム教徒は、ムハンマドマホメット)がメッカからメジナに移った西暦622年をイスラム紀元元年とする。日本では明治5年(1872)に、神武天皇即位の年とされる西暦紀元前660年を元年と定めて皇紀と称した。
年号を建てること。建元。改元。また、年号。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きげん【紀元】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きげん【紀元】
歴史上の年数を数える出発点となる年。現在国際的には西暦紀元が用いられている。日本では1872年(明治5)、神武天皇即位の年(西暦紀元前660)を皇紀元年としたが、普通用いない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐げん【紀元】
〘名〙
① 歴史上の年数をかぞえる時の基準。また、基準となる最初の年。日本では明治五年(一八七二)一一月一五日、神武天皇即位の年を元年と定めた。皇紀。現在国際的にはキリスト降誕の年を元年とする西暦紀元が用いられている。西暦。西紀。
※金鵄勲章創設の詔勅‐明治二三年(1890)二月一一日「今や夐(はる)かに登極(とうきょく)紀元を算すれば、二千五百五十年に達せり」
② 元年を記すこと。年号を建てること。建元。改元。
※随筆・茅窓漫録(1829)下「此邦辛酉甲子の歳運に当るときは、必紀元すといふ事」
③ 年号。
※読本・春雨物語(1808)天津処女「天皇仁明と尊崇し奉りて、紀元を承和と改めたまふ」
④ 物事のはじめ。
※明治の基督教文学(1909)〈柏井園〉「基督教文学の歴史は明治の初年を以て紀元とせねばならぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀元
きげん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀元の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation