@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀州うすい

デジタル大辞泉プラス

紀州うすい
和歌山県産のウスイエンドウ。なにわの伝統野菜「碓井えんどう」を原種とする改良種で、明治期より同県で広く栽培されている。地域団体商標。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

紀州うすい[豆類]
きしゅううすい
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
和歌山県産のうすいえんどう。特に、御坊市周辺で多く栽培されている。温暖な気候で育つため、他産地に比べて甘味が多く大粒。旨味成分であるグルタミン酸も豊富である。昭和初期に水田裏作として導入され、栽培が始まった。2006(平成18)年11月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5005548号。地域団体商標の権利者は、和歌山県農業協同組合連合会。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀州うすい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀州うすいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation