@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀州梅干

デジタル大辞泉プラス

紀州梅干
和歌山県産のを使用して、同県の印南町みなべ町田辺市・西牟婁郡で生産された梅干地域団体商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

紀州梅干[加工食品]
きしゅううめぼし
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
和歌山県産の梅を使用して日高郡印南町・日高郡みなべ町・田辺市・西牟婁郡で生産された梅干。江戸時代、耕地に恵まれなかった現在のみなべ町や田辺市の地域に、紀州田辺藩が梅の栽培を奨励したことが始まり。やがて南部梅の梅干が江戸で有名になり、明治時代には梅の生産から加工まで一貫しておこなわれるようになった。大粒で果肉が厚くやわらかい梅干。2007(平成19)年10月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5086808号。地域団体商標の権利者は、紀州みなべ梅干協同組合・紀州田辺梅干協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀州梅干」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀州梅干の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation