@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀海音【きの かいおん】

美術人名辞典

紀海音
大阪の浄瑠璃作家。父は俳諧師貞因。和歌を契冲に、狂歌を兄貞柳に学ぶ。竹本座近松門左衛門には対峠し豊竹座のために浄瑠璃を執筆した。代表作に「八百屋お七」「椀久末松山」等がある。初め黄檗悦山に従いとなり高節と称した。御医家となる。契冲に和学を学ぶ。法橋に叙せられる。本名榎並契因、島路観、貞峨と号す。寛保2年(1742)歿、80才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

き‐の‐かいおん【紀海音】
[1663~1742]江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。通称、榎並(えなみ)喜右衛門。豊竹(とよたけ)座の座付作者として竹本座近松門左衛門に対抗。作「椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)」「お染久松袂(たもと)の白しぼり」「八百屋お七」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

紀海音 きの-かいおん
1663-1742 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,狂歌師。
寛文3年生まれ。父は俳人榎並(えなみ)貞因,兄は狂歌師永田貞柳。少年期に出家し,のち還俗(げんぞく)。宝永4年大坂豊竹座の座付作者となる。理知的な作風で竹本座の近松門左衛門に対抗した。晩年はもっぱら俳諧や狂歌にいそしんだ。寛保(かんぽう)2年10月4日死去。80歳。本姓は榎並。別号に貞峨。作品に「椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)」「八百屋お七」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きのかいおん【紀海音】
1663‐1742(寛文3‐寛保2)
生年の1663年は《貞柳伝》説による。《海音貞峨居士伝》説では1665年(寛文5)生れ。江戸時代中期の浄瑠璃作者,俳諧師。本名は榎並喜右衛門,のち善八。号は紀海音,大黒屋海音,鯛屋海音,貞峨,契因,昌因,白鷗堂,鳥路観。法名は清潮院海音日法。大坂御堂前雛屋町西南角の菓子商鯛屋善右衛門の次男に生まれる。父は貞門の俳人貞因,兄(異母兄弟説がある)は狂歌師油煙斎貞柳,叔父(貞因の弟)は俳人・狂歌師貞富という文学環境に育つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀海音
きのかいおん
[生]寛文3(1663)
[没]寛保2(1742).10.4.
江戸時代前期の浄瑠璃作者,俳人,狂歌作者。本名榎並 (えなみ) 喜右衛門,のち善八。別号貞峨,契因など。大坂の菓子屋鯛屋善右衛門の次男。父は貞門の俳人貞因,兄は狂歌師油煙斎貞柳。黄檗 (おうばく) 宗の僧となったが 40歳頃還俗,豊竹座の座付作者となり,竹本座の近松門左衛門と相対し,享保8 (1723) 年までに世話物 10編,時代物約 40編を書いた。世話物『椀久末松山 (わんきゅうすえのまつやま) 』 (10) ,『おそめ久松袂の白絞 (しらしぼり) 』 (10) ,『傾城 (けいせい) 三度笠』 (13) ,『八百屋お七』『心中二つ腹帯』 (22) ,時代物『傾城無間鐘 (むけんのかね) 』 (23) など,人情機微を抒情的に描いた近松とは対照的に,海音は理知的・理論的に処理する作風をもつ。同9年引退して鯛屋を相続,晩年は俳諧,狂歌に専念した。俳諧集『橋波志羅』,狂歌集『 (えびす) の鯛』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀海音
きのかいおん
(1663―1742)

浄瑠璃(じょうるり)作者、俳諧師(はいかいし)。大坂の老舗(しにせ)の菓子屋鯛屋(たいや)の次男に生まれる。通称喜右衛門。父は貞因(ていいん)と号し貞門の俳人、兄は狂歌師油煙斎貞柳として、ともに名を知られた。若いころ出家したが、父の死後還俗(げんぞく)して医者となり、また俳諧師として活躍。やがて豊竹(とよたけ)座から迎えられて紀海音の名で浄瑠璃を書き、竹本座の近松門左衛門と対抗、操(あやつり)界を二分する働きをみせた。その最初の作は1708年(宝永5)の世話物『椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)』で、その後の20年間に、時代物に『鎌倉三代記』『鬼鹿毛無佐志鐙(おにかげむさしあぶみ)』『傾城無間鐘(けいせいむけんのかね)』、世話物に『傾城三度笠(さんどがさ)』『心中二つ腹帯』『お染久松袂(たもと)の白(しら)しぼり』『八百屋お七』など50編余りを書いた。海音の作は、近松のそれが人間愛を重んじ、文学的にも優れているのに比べ、義理をもっぱらとする理知的な作風で、情味に乏しいという嫌いがあった。しかし戯曲構成の技巧に優れ、後世の並木宗輔(そうすけ)、近松半二(はんじ)らに近松以上に大きい影響を与えた。

[山本二郎]

『『日本古典文学大系51 浄瑠璃集 上』(1960・岩波書店)』『『日本古典文学全集45 浄瑠璃集』(1971・小学館)』『海音研究会編『紀海音全集』全8巻(1977~80・清文堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

紀海音 (きのかいおん)
生年月日:1663年12月18日
江戸時代中期の浄瑠璃作者;俳人;狂歌師
1742年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐の‐かいおん【紀海音】
江戸中期の浄瑠璃作者。油煙斎貞柳の弟。姓は榎並(えなみ)。通称、喜右衛門、のち喜八。別号、貞峨。大坂の菓子商鯛屋に生まれる。豊竹座の座付作者に招かれ、竹本座の近松門左衛門と対抗。理知的、叙事的な作風で、俳諧、和歌、狂歌も好んだ。作品に「鎌倉三代記」「義経新高館」「お染久松袂白絞」「八百屋お七」など。寛文三~寛保二年(一六六三‐一七四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紀海音
きのかいおん
1663〜1742
江戸中期の浄瑠璃作者
大坂の人。1706年から豊竹座付作者となり,竹本座の近松門左衛門に対抗した。代表作に時代物『鎌倉三代記』,世話物『心中二つ腹帯』『八百屋お七』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀海音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀海音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation