@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅児会【こうじかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅児会
こうじかい
美術団体。初め 1898年1月に小堀鞆音門下の安田靫彦 (ゆきひこ) ,磯田長秋小山栄達などが結成した研究会で紫紅会と呼んだが,1901年に今村紫紅が加わり紅児会と改称。 02年第1回展を開催。歴史画研究を目的とした団体で,小林古径前田青邨中村岳陵速水御舟らも加わり,新日本画の創造を目指して活動したが 13年に解散。以後会員の多くは再興院展の中心として活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうじかい【紅児会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅児会
こうじかい
大和絵(やまとえ)系日本画家の研究団体。1898年(明治31)ごろ小堀鞆音(ともと)塾の安田靫彦(ゆきひこ)、磯田(いそだ)長秋、小山栄達らで結成した紫紅(しこう)会に、1900年(明治33)松本楓湖(ふうこ)門下の今村紫紅らが参加して発足、名称を改め、02年7月東京・日本橋常磐木倶楽部(ときわぎくらぶ)で第1回展を開いた。その後、小林古径(こけい)、前田青邨(せいそん)、速水御舟(はやみぎょしゅう)、石井林響(りんきょう)、中村岳陵(がくりょう)、荒井寛方(かんぽう)ら新鋭作家が続々と加わり、おもに歴史画を中心として意欲的な研究活動と発表を続け画壇に新風を送った。13年(大正2)8月、第19回展を最後に、靫彦の発議により盛況のまま解散、会員の多くは翌年再興された日本美術院に参加、中心作家となって活躍した。[佐伯英里子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅児会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅児会の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation