@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅巾の乱【コウキンノラン】

デジタル大辞泉

こうきん‐の‐らん【紅巾の乱】
中国、末期の1351~1366年、異民族王朝の元を倒し、漢民族王朝を復活するきっかけとなった農民反乱白蓮(びゃくれん)教徒などの宗教的結社が中心勢力となり、紅色の頭巾(ずきん)を用いた。反鎮圧後の内乱状態の中で、紅巾軍武将であった朱元璋(しゅげんしょう)明朝を興した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうきんのらん【紅巾の乱】
中国,異民族王朝元の支配を倒し,漢民族王朝明の成立のきっかけとなった宗教的農民反乱。1351‐66年。白蓮やくれん)・弥勒(みろく)教徒が勢力の中心で,紅布で頭を包み標識としたので〈紅巾の〉ともいう。河北省本拠をおく白蓮教会の会首韓山童は弥勒仏下生(げしよう)の説をもって布教し,河南,安徽地方で反元の反乱を企てたが失敗した。あとを遺児の韓林児が継ぎ,長江(揚子江)流域では徐寿輝らが呼応し全国的反乱となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅巾の乱
こうきんのらん

中国、モンゴル民族の王朝元(げん)の支配を倒し、漢民族王朝明(みん)の成立のきっかけとなった宗教的農民反乱(1351~66)。白蓮(びゃくれん)・弥勒(みろく)教徒がその勢力の中心で、紅布で頭を包み同志の標識としたので「紅巾の賊」ともいう。元朝の圧政下で、欒城(らんじょう)(河北省)に本拠を置く秘密宗教結社、白蓮教会の会首韓山童(かんさんどう)は、早くから弥勒仏下生(げしょう)の説をもって布教し、華北各地で広く信者を獲得していた。おりしも1351年、大氾濫(はんらん)をおこした黄河の修理のため元朝は多数の農民を役夫として徴発したが、山童はこの役夫のなかに扇動者を送り込み、民心の動揺に乗じて「宋(そう)の徽宗(きそう)八世の孫」と称し、反乱に立ち上がった。紅巾軍は最初の弾圧で山童を失ったが、教徒の劉福通(りゅうふくつう)らはその遺児韓林児(かんりんじ)を奉じて安徽省に逃れ、亳州(はくしゅう)(安徽省)で彼を帝位につけ、「小明王(しょうみょうおう)」と称し、宋国を建てて元朝打倒の檄(げき)を四方に発した。これを機に湖北の徐寿輝(じょじゅき)、安徽の郭子興(かくしこう)、朱元璋(しゅげんしょう)(明の太祖)や河南の布王三(ふおうさん)らが相次いで反乱を起こした。57年には、韓林児政権は諸軍を3路に分け、元朝に対して北伐軍を送るなど、紅巾軍の勢力は一時、華北、華中一帯に及んだ。彼らは菜食主義や、宗教的戒律、厳正な軍規をもち、至る所で腐敗した元軍を破った。しかし明確な政治的プログラムをもたず、部将間の内部対立などにより勢力が分裂し、元軍と地主の武装団による反撃にあい、本拠も壊滅した。こうしたなかで朱元璋は南京(ナンキン)を占領すると自立し、着実に地盤を固め天下平定に成功した。

[谷口規矩雄]

『谷口規矩雄著『朱元璋』(1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうきん【紅巾】 の 乱(らん)
中国、元代末期、白蓮教、彌勒教などの秘密宗教結社によって起こされた大農民反乱。紅色の頭巾をまとったところから名付けられた。一三五一年、韓山童の子、林児を奉じて挙兵。六六年平定された。明の太祖朱元璋はこの乱の一部将から台頭している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

紅巾の乱
こうきんのらん
元末期の1351年白蓮教徒などが起こした反乱。紅い頭巾を目印としたので,こう呼ばれる
元が黄河の治水工事に多数の農民を酷使したことから,韓山童(白蓮教主で元に捕らわれ殺された)の子韓林児を中心とする白蓮教徒は,黄河・准水 (わいすい) 下流の周辺で反乱を起こし,開封を占領して宋国復興を宣言,韓林児は小明王と称した。多数の流民,農民の下層階級を結集し,一時は山東・山西・陝西 (せんせい) から内モンゴルまでを荒らし,元の上都を攻略したが,元軍に反撃されて分裂した。しかし,元はこれを契機に内乱状態となり,紅巾軍の部将であった朱元璋(明の太祖)は1366年韓林児を暗殺し,68年明を建国した。また紅巾軍は朝鮮にも侵入し,高麗に大打撃を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅巾の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅巾の乱の関連情報

関連キーワード

小宅荘韓 林児足利直冬恭愍王韓林児明玉珍足利直冬エンリケ(2世)朱元璋

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation