@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅海【こうかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅海
こうかい
Red Sea
インド洋の付属海の一つで,アラビア半島アフリカの間に位置する。アラビア語で Al-Bahr al-Ahmar。地中海とは 1869年以来スエズ運河により結ばれ,アラビア海アデン湾とはバーブエルマンデブ海峡で接する。シナイ半島スエズ湾アカバ湾に分かれる。面積約 45万km2,全長約 1930km。最深部は 3040m。紅海の名は,藻類トリコデスミウム Trichodesmium erythraeum が異常繁殖し,死滅すると海面を赤褐色に変化させることに由来。トラフのより深い部分の裂け目は高温高塩分濃集域で,ここに厚さ 10~20mの重金属酸化物からなる特殊な沈殿物がある。古くからアジアとヨーロッパを結ぶ重要な通商路であったが,喜望峰経由ルートの発見後は一時重要性が失われた。しかし 1869年のスエズ運河開通によって,再び重要な航路となった。地質構造的にはアフリカ大地溝帯の延長をなし,紅海地溝帯と呼ばれる。北岸にスエズ西岸ポートスーダンマッサワアッサブ,東岸にアカバジッダホデイダなどの港がある。海域にはダフラク諸島,フラサーン諸島,カマラーン島が点在する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐かい【紅海】
Red Sea》アフリカ大陸とアラビア半島との間の細長い海。南はバベルマンデブ海峡インド洋と、北はスエズ運河地中海とつながる。塩分濃度は高い。海藻繁殖によって海水の色が赤変することがあるのでこの名がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかい【紅海 Red Sea】
アフリカ大陸とアラビア半島の間にある細長い海。ときおりラン藻トリコデスミウムが著しく繁殖して海水が赤色をおびることがあるので紅海と名づけられたといわれる。アラビア語でal‐Baḥr al‐Aḥmar(赤い海)という。長さは約1900kmで北西方向にのび,最大幅はわずか約300kmであるが,中央部は深く水深2000mを超えるところもある。地質学的には南はアフリカ大地溝帯,北は死海のあるヨルダン渓谷に連なる地溝の一部で,アラビア半島がアフリカ大陸から分離してできた割れ目である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうかい【紅海】
Red Sea アラビア半島とアフリカ大陸との間にある細長い海。南部はバベルマンデブ海峡を経てインド洋に、北部はスエズ運河を経て地中海に通じる公海。藍藻の繁殖で海水が赤く見えることからいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅海
こうかい
Red Sea
アフリカ大陸とアラビア半島との間に北北西から南南東方向に横たわるインド洋の付属海。長さ約2300キロメートル、幅200~350キロメートルの細長い海である。南端はバベル・マンデブ海峡を経てインド洋に通じ、北端はシナイ半島の突出によってアカバ湾、スエズ湾の二つの支湾に分かれる。面積43.8万平方キロメートル。アラビア語ではBahr al Ahmarという。海中の藍藻(らんそう)類によって海面がときに赤色を呈することがあり、これが「紅海」の名の由来とされる。
 アフリカ大地溝帯の北の延長にあたり、新生代第三紀の地殻運動の際に生じた大断層によって陥没し、水域となったのがその成因である。そのため東西の両岸は急崖(きゅうがい)をなす所が多く、平均深度は491メートル、最大深度は2300メートルに達する。乾燥地域に位置するために海水の蒸発が著しく、そのうえ流入する河川もほとんどないため、ペルシア湾と並んで世界でもっとも塩分の濃い海となっている。沿岸にはサンゴ礁が発達し、航行に危険で良港も乏しいが、アフリカ大陸側にはスエズ、コッセア、ポート・スーダン、マッサワなど、またアラビア半島側にはアカバ、ジッダ、ホデイダ、モカなどの港が存在する。ただ沿岸海上交通は、メッカへの巡礼客や農産物の輸送を除けば、それほど活発ではない。スエズ湾の沿岸および海底では石油を産し、アラビア半島側のヤンブー港まで、東部の油田からパイプラインが通じている。
 古代エジプト時代から海上交通路としての役割を果たしてきたが、紀元前一千年紀には遠くインドとの交易路として利用されていた。イスラム帝国時代も、インド、ペルシア、東アフリカへの航路として重要であった。大航海時代には、ヨーロッパ―アジア間の航海が喜望峰回りとなったため、主要交易路から外れて活気を失った。しかしスエズ湾から地中海へと通じるスエズ運河が1869年に開削されてのちは、アジアやオーストラリアとヨーロッパを結ぶ重要な海上交通路としての役割を取り戻し、とりわけ20世紀に入ってからはペルシア湾岸産の石油のヨーロッパ市場への輸送路として、往来する船舶も著しく増えた。[末尾至行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐かい【紅海】
(Red Sea の訳語。藍藻(らんそう)の繁殖によって海水が赤変することに由来) アラビア半島とアフリカ大陸にはさまれた細長い海。インド洋の付属海の一つ。北はスエズ運河で地中海、南はアデン湾に続く。ヨーロッパとアジアを結ぶ連絡航路。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅海の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation