@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅葉狩【もみじがり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅葉狩
もみじがり
(1) 曲名五番目物 (→尾能 ) 。観世小次郎信光作。紅葉を楽しみを張る上臈 (前ジテ) のところへ,平維茂 (ワキ) は鹿狩をして通りかかる。上臈は維茂酒宴に招いて,酒をすすめ (クセ) ,舞を舞ううちに (の舞または中の舞・急の舞) ,維茂は眠りに落ちて,上臈は山中に消える (中入り) 。天地鳴動して上臈は鬼女 (後ジテ) の本性を現し,勅命によって戸隠山の鬼神退治におもむいた維茂に襲いかかる (舞働) が,ついに維茂の剣に従えられる。 (2) 歌舞伎舞踊曲。常磐津,義太夫長唄三方掛合。 1887年東京新富座,9世市川団十郎初演。新歌舞伎十八番の一つ。4世中村歌右衛門の先行作を河竹默阿弥が活歴風に補綴。5世岸沢式佐,鶴沢安太郎,3世杵屋正次郎作曲。団十郎自身の振付で,構成は,間狂言代りに山神の踊りを入れたほかはほぼ能のとおりである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もみじがり【紅葉狩】[曲名]
謡曲。五番目物観世小次郎信光作。平維茂(たいらのこれもち)戸隠山中で女に化けた鬼に紅葉狩りの宴に誘われ、命が危うくなるが、男山八幡の神助を得て本性を現した鬼を退治する。
歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)義太夫長唄の掛け合い。河竹黙阿弥作詞。明治20年(1887)東京新富座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。
長唄地歌荻江節一中節などの曲名。長唄以外はに基づく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もみじ‐がり〔もみぢ‐〕【紅葉狩(り)】
山野に紅葉をたずねて楽しむこと。観楓(かんぷう)。紅葉見 秋》「大嶺に歩み迫りぬ―/久女
[補説]曲名別項。→紅葉狩

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もみじがり【紅葉狩】
(1)能の曲名。五番目物。鬼物観世信光(のぶみつ)作。シテは戸隠(とがくし)山の鬼神。平維茂(たいらのこれもち)(ワキ)は信濃の戸隠山に鹿狩に出かけ,紅葉狩を楽しむ美しい女性たち(前ジテ・ツレ)の一行を見かける。誘われるままにその酒宴の席に加わった維茂は,を手にして女の舞に見とれているうちに眠りにおちいる(〈クセ・序ノ舞(または中ノ舞)・急ノ舞〉)。女は実は鬼神で,維茂の眠りを見すまして姿を消す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

もみじ‐がり もみぢ‥【紅葉狩】
[1] 山野に紅葉をたずねて観賞すること。紅葉見。《季・秋》
※夫木(1310頃)一五「時雨れゆくかたのの里のもみちかり頼むかげなく吹く嵐哉〈源俊頼〉」
[2]
[一] 謡曲。五番目物。各流。観世小次郎信光作。古名「維茂(これもち)」。平維茂一行が鹿狩に山中にはいると、身分の高い女が侍女たちと酒宴をしていて、通りすぎる一行に酒を勧め、維茂が酔い伏してしまうのを見て姿を消す。維茂が八幡宮の神勅をうける夢を見て目をさますと、鬼女が現われて襲いかかるが、八幡大菩薩を念じて立ち向かい討ち平らげる。
[二] 歌舞伎所作事。義太夫・常磐津・長唄の掛け合い。河竹黙阿彌作詞。鶴沢安次郎・六世岸沢式佐・三世杵屋正次郎作曲。明治二〇年(一八八七)東京新富座初演。(一)の舞踊化。戸隠山へ紅葉狩に来た平維茂が更科姫(さらしなひめ)に化けた鬼女を退治する。新歌舞伎十八番の一つ。
[三] 長唄・地唄・荻江節・一中節などの曲名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

紅葉狩
もみじがり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文8.12(江戸・松平大和守邸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅葉狩
〔義太夫, 長唄, 常磐津〕
もみじがり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹黙阿弥
演者
岸沢式左(6代) ほか
初演
明治20.10(東京・新富座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅葉狩
(通称)
もみじがり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
色見艸月盃 など
初演
安永5.7(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅葉狩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅葉狩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation