@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅蓮【グレン】

デジタル大辞泉

ぐ‐れん【×蓮】
紅色の蓮(はす)の花。紅蓮華(ぐれんげ)。
「―白蓮の香(におい)ゆかしく」〈露伴五重塔
紅蓮地獄」の略。
燃え盛る炎の色のたとえ。「紅蓮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐれん【紅蓮】
盛んに燃え上がる炎の色にいう語。「紅蓮地獄」を紅の炎の燃え立つ所と誤認したところからいう。まっか。 -の炎
紅色の蓮はすの花。紅蓮華ぐれんげ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅蓮
ぐれん
もとで、紅色のハス()の花のこと。サンスクリット語でpadma(パドマ)といい、仏典では鉢特摩とも音訳する。また、八寒(はちかん)地獄の第7番目「紅蓮地獄」を略して紅蓮とよぶ。この地獄に落ちた者は、酷寒のために皮肉がはじけ裂けて血に染まり、紅色のハスの花の様相を呈するので、この名がある。この地獄よりさらに寒さと苦痛の大きい地獄が、第8番目の「大紅蓮」である。後世には、花を炎に見立てて猛火の形容として用いる。[藤井教公]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐ‐れん【紅蓮】
〘名〙
※俳諧・山の井(1648)夏「蓮 白蓮 紅蓮」
② 猛火の炎のたとえ。
※太平記(14C後)一八「紅蓮(グレン)の如くなる人の舌一つ、土の底に有て」
③ 真紅の色をたとえていう。
※応仁略記(1467‐70頃か)下「和光の瑞籬測らずも血を流せる属穢となり、紅蓮の濁水神前に湛へたり」
※愚迷発心集(1213頃)「寒風膚を徹(とほ)す暁は、紅蓮罪苦の氷を畏べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅蓮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅蓮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation