@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅藻類【こうそうるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅藻類
こうそうるい
Rhodophyta; red algae
クロロフィルa・d,フィコシアン,キサントフィル,カロテンのほかに多量のフィコエリトリンを含んでいるので体色が紅色,紫色を呈する藻類。細胞内に同化生成物として紅藻デンプンおよび油脂をたくわえる。なかにはトレハロースやフロリドシド,イソフロリドシドなど (緑藻などのショ糖にあたる) をたくわえるものもある。単細胞のチノリモ Porphyridiumからオゴノリ Gracilariaのように数mに及ぶものまである。海産が多く,淡水産のものは少い。いずれもその生活史に有毛の細胞を生じることがない。有性生殖は無毛の雄精子が造果器と称する雌性の器官に到達して果胞子を形成する。体色が紅色であることにより,比較的波長の短い光線をよく吸収できるので,緑藻類褐藻類よりも深い海に生育できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

紅藻類
 フィコシアニンやフィコエリトリンを含む藻類.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうそうるい【紅藻類 red algae】
体は紅色ないし暗紅色で,色素体内には光合成色素としてクロロフィルaのほかにフィコエリトリンやフィコシアニンなどの色素タンパク質を含み,光合成によりデンプンを生産して貯蔵する植物の総称。紅色植物ともいう。紅藻綱Rhodophyceae1綱のみからなる。全世界に約5000種が知られ,その大部分は海産である。いずれもと精子の合体による有性生殖を行うが,精子は鞭毛をもたないので,波にゆられて移動する。受精卵からできる胞子を果胞子といい,それがどのようにして形成されるかにより,次の二つの亜綱に分類される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

こうそう‐るい〔コウサウ‐〕【紅藻類】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅藻類
こうそうるい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうそう‐るい コウサウ‥【紅藻類】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅藻類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅藻類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation