@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅軍【コウグン】

デジタル大辞泉

こう‐ぐん【紅軍】
1927年から1937年にかけての中国共産党軍の通称南昌蜂起を機に結成され、毛沢東朱徳らの指導の下に国民党軍に対抗し、長征を成功させた。日中戦争勃発後の国共合作により、国民革命軍第八路軍新四軍に改編された。正式名称は中国工農紅軍。→八路軍新四軍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうぐん【紅軍 Hóng jūn】
中国工農紅軍(中国労農赤軍)の通称。1927年蔣介石,汪兆銘の国民政府と決裂した中国共産党は8月1日の南昌蜂起(周恩来,朱徳,賀竜,葉挺らが指導),9月の湖南,湖北の秋収蜂起(毛沢東らが指導)など各地で暴動を起こし,中国工農紅軍をつくった。湖南秋収蜂起に失敗した毛沢東は湖南・江西省境の井岡山根拠に,28年5月には朱徳がひきいる南昌蜂起の残兵が合流して紅第四軍(司令朱徳,政治委員毛沢東)を結成,紅軍の主力となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅軍
こうぐん

中国労農紅軍の略称。赤軍とも訳す。1927年8月1日の南昌(なんしょう)蜂起に参加した部隊がその起源とされているが、紅軍の呼称は、1928年5月、井岡山(せいこうざん)における毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)、朱徳(しゅとく/チュートー)両軍の合流・改編で成立した紅軍第四軍に始まる。盧溝橋(ろこうきょう)事件後、国民党との話し合いにより、1937年8月、華北の紅軍が国民革命軍第八路軍に、10月には、華中の紅軍が新編第四軍へとそれぞれ改編され、紅軍という呼称はなくなる。兵力は、1933年には約30万を数えたが、長征終了時の1935年秋には数万に減っていた。中国共産党指導下の党軍で、主体は農民。武装闘争がおもな闘争形態となった中国革命において、きわめて重要な役割を担った。

[安井三吉 2018年3月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ぐん【紅軍】
[1] 〘名〙 競技試合などで、紅・白二つの組に分かれて戦ううちの赤組。
※忠直卿行状記(1918)〈菊池寛〉二「彼自ら紅軍に大将として出場したのである」
[2]
[一] 中国共産党軍の総称。
[二] 一九二七年、毛沢東、朱徳によって組織された中国工農紅軍。国民党の五回にわたる包囲攻撃をうけ、一九三五年、江西から陝西に根拠地を移動。一九三七年、第二次国共合作の成立で、国民革命軍第八路軍、新四軍に改編された。〔毛沢東‐長征詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

紅軍
こうぐん
1927年の南昌蜂起の際に建軍された中国共産党軍で,中国工農紅軍の略称
朱徳・毛沢東の部隊を中心に井崗 (せいこう) 山にソヴィエト区を建設し,毛沢東の指導下に解放区闘争の主力となり,農民と結合して強大化した。1934年には長征を行い,第2次国共合作後は八路軍・新四軍に改編された。中国人民解放軍前身

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅軍
こうぐん
中国工農紅軍」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅軍の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広清水宏島津保次郎衣笠貞之助斎藤寅次郎内田吐夢田坂具隆伊藤大輔五所平之助山本嘉次郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation