@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紅鮭【ベニザケ】

デジタル大辞泉

べに‐ざけ【紅×鮭】
サケ科の海水魚。全長約60センチ。体色は背側と各ひれが青黒色、腹側が銀白色外洋を回遊し、秋、繁殖のため、上流に湖のある川を上る。このとき雌雄とも頭と尾びれのほかは鮮紅色婚姻色を示す。北太平洋に広く分布。この陸封型ヒメマス。肉は紅色で美味。べにます。べに。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

紅鮭 (ベニザケ)
学名:Oncorhynchus nerka
動物。サケ科の遡河性魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べに‐ざけ【紅鮭】
〘名〙 サケ目サケ科の魚。全長約六〇センチメートルに達する。体は側扁して長く、背は青黒色、腹は銀白色。産卵期には濃赤色の婚姻色となる。秋から冬、上流に湖のある河川をさかのぼり、砂礫上に産卵。本種の陸封型をヒメマスという。千島列島から北アメリカ西岸にかけての北太平洋の海域に分布。肉はサケ類中で最も赤みが濃くベニザケの名もこれによる。脂肪が多く、美味。べにます。べにじゃけ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅鮭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅鮭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation