@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紋下【もんした】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紋下
もんした
人形浄瑠璃芝居の総座頭の番付面で劇場に記されることからその名が起った。太夫三味線人形遣いのすべての統率で,通常,最高の太夫または座元 (本) だけであったが,明治5 (1872) 年大阪松島の文楽座で初めて人形遣いの1世吉田玉造竹本春太夫と並んで紋下となり (人形紋下) ,1883年4月には三味線の豊沢団平が紋下となったこともある。櫓下 (やぐらした) と同意語で,これは劇場の櫓の下にその名を書いた櫓看板を掲げることからその名が起った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もん‐した【紋下】
人形浄瑠璃で、一座の代表者。ふつう、太夫(たゆう)から出た。番付座元の紋の下に名前が書かれたのでいう。櫓下(やぐらした)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんした【紋下】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紋下
もんした

人形浄瑠璃(じょうるり)用語。人形浄瑠璃一座の代表者をいう。歌舞伎(かぶき)の座頭(ざがしら)にあたる語だが、番付の最初に劇場名と櫓紋(やぐらもん)(座紋)が記され、その紋の下に代表者の名を大きく書くので、この名が生まれた。櫓紋の下に書き、古くは実際に劇場の櫓の下にも名を記したので「櫓下(やぐらした)」ともよんだ。普通、浄瑠璃を語る太夫(たゆう)の第一人者がこれにあたったが、まれに三味線弾きや人形遣いがその地位につくこともあり、明治期には各部門から一人ずつ選ばれたこともあった。紋下の名は劇場の軒の中央に出す大看板にも書く。第二次世界大戦後の文楽(ぶんらく)座の紋下は、豊竹山城少掾(とよたけやましろのしょうじょう)の引退後空席が続き、現在の文楽協会に及んでいる。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐した【紋下】
〘名〙 人形浄瑠璃芝居で、一座を代表する最高の地位にある者の称。番付面で第一行目、座元の紋所の下にその名が書かれるところからの名称。ふつう太夫であるが、人形遣いや、三味線弾きが、代わることもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紋下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紋下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation