@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

納骨【ノウコツ】

デジタル大辞泉

のう‐こつ〔ナフ‐〕【納骨】
[名](スル)死体を火葬にしたのち、遺骨骨壺におさめること。また、遺骨を納骨堂などにおさめること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

納骨
火葬後の遺骨を納骨堂や墓に納めること。そのとき、火葬許可証に火葬済みの証印を受けて、埋葬許可証となったものを納骨するところの管理者に提出します。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

のうこつ【納骨】
死者の遺骨を霊場に納めて,その魂の成仏鎮魂を祈ること。7世紀末から8世紀初頭に,仏教葬である火葬の採用からはじまった。弥生時代中期の東日本には,洗骨後,骨をに入れて土壙に葬る再葬墓がみられるが,一次的,地域的なもので,日本に本来死体崇拝や遺骨崇拝はなかったから,納骨の風は仏教の影響とすることができる。その初期においては特定の霊場に納めたのではなく,なにかゆかりのある山に納めたもので,最古の納骨器は京都市西京区大枝塚原町山林から出た慶雲2年(705)の墓誌銅版を伴う青銅製蓋付桶型蔵骨器である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうこつ【納骨】
スル
死者を火葬にして、遺骨を壺つぼなどに納めること。また、その壺を墓や納骨堂などに納めること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐こつ ナフ‥【納骨】
〘名〙 死体を荼毘(だび)に付して、その遺骨を骨壺に納めること。また、その骨壺を納骨堂、墓などに納めること。
※忍辱雑記(1806)上(古事類苑・礼式二〇)「納骨作法〈略〉又無縁集云、於納骨時、誦四奉請并舎利礼

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納骨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

納骨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation