@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紐付【ひもつき】

精選版 日本国語大辞典

ひも‐つき【紐付】
〘名〙
① 紐がついていること。また、紐のついた衣服や器具など。
※階級(1967)〈井上光晴〉三「こっちの紐付きは二十五と書いてあるけど、二十五センチというのは何文かね」
② 縄で縛られていること。また、その罪人。縄つき。
③ 情夫のあること。また、その女。
※天国の記録(1930)〈下村千秋〉一「ひも(情夫)つきには困るよ」
④ 金銭その他の援助を受けるとき、ある条件をつけられること。また、そのような援助。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉八「不完全独立の国があれば、何等かの意味でヒモつきに苦しむわけである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひも‐つけ【紐付】
〘名〙
① 衣服、調度などで紐をつけるべき所。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)二「八色五色のくみ糸にて、十二の菊綴四つの紐付け」
② 言いがかりをつけたり、苦情を言いたてたりする者。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉五「村落に『ヒモツケ』(三百代言の類)の多くなれるを如何に思へるか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紐付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紐付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation