@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紐帯【チュウタイ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐たい〔チウ‐〕【×紐帯】
ひもと、おび。転じて、二つのものをかたく結びつけるもの。
血縁地縁利害関係など、社会を形づくる結びつき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅう‐たい〔ヂウ‐〕【×紐帯】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐たい ヂュウ‥【紐帯】
〘名〙 (「じゅう」は「紐」の漢音) =ちゅうたい(紐帯)
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐帯(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつあるといふ客観的現実を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐たい チウ‥【紐帯】
〘名〙 (「じゅうたい」とも)
① おびとひも。転じて、おびやひものように、両者を結びつけるたいせつなもの。つながり。
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐帯(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつある」
② 特に、社会を構成している条件。血縁・地縁・利害など。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉一「この同族的〈略〉紐帯と祭祀の共同と、『隣保共助の旧慣』とによって成立つ部落共同体は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紐帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紐帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation