@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ひも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ひも
string; cord
物を結んだり,束ねたりするために,や毛,麻や木綿化学繊維,紙,革などを組んだり,編んだり,縫い合せたりした細長いもの。日本では縄文時代土器とともに,約1万年も前の紐のたぐいの出土がある。原形のはっきりしたものは,古墳から鏡,刀剣とともに発掘されている。特に日本では鎌倉室町,江戸時代には工芸組紐として武器武具,芸能用具,宗教用具,衣服などに用いられた。組織別にみると,組紐 (打ち紐) ,織り紐,編み紐,裁ち紐,くけ紐,束ね紐,合成紐などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう【紐】[漢字項目]
人名用漢字] [音]チュウ(チウ)(慣) ジュウ(ヂウ)(漢) [訓]ひも
〈チュウ〉ひも。「紐帯(ちゅうたい・じゅうたい)
〈ひも〉「革紐靴紐組紐腰紐
[名のり]くみ
[難読]紐育(ニューヨーク)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひぼ【×紐】
ひも」の音変化。
「年来(としごろ)誦(よ)み給ひける持経の―を解き」〈太平記・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひも【×紐】
物をしばったり束ねたりするのに用いる細長いもの。ふつう、より太く、より細いものにいう。布・麻・化学繊維・紙・革などで作る。ひぼ。「羽織のを結ぶ」「小包のを解く」
物事を背後から支配すること。引き替えの条件。「のついた援助」
女性を働かせて金をみつがせる情夫。「あの女にはがついている」
ホタテガイアカガイなどの外套膜(がいとうまく)の部分。
綱(つな)[用法]
[下接語]顎(あご)紐後ろ紐打ち紐負ぶい紐掛け紐・飾り紐・革紐括(くく)り紐絎(くけ)紐靴紐組み紐腰紐ゴム紐真田(さなだ)紐しで紐付け紐綴じ紐平(ひら)紐結び紐胸(むな)紐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう〔チウ〕【紐】
梵鐘の部分の名。乳(ち)の間池の間草の間を区画する二本の線。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅう【紐】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひぼ【紐】
「ひも(紐)」の転。 から組の-長やかに/浜松中納言 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひも【紐】
物をくくったり、結んだり、しばりつけたりする細長いもの。糸より太く、綱より細いものをいう。ひぼ。 -を解く 荷物に-を掛ける
女を働かせ金品をみつがせている情夫を俗にいう語。
何らかの制限を加えて、自由を奪うもの。 -のついた融資 -つき
その形状から アカガイ・ホタテガイなどの外套膜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう チウ【紐】
〘名〙 物をたばねたり結んだりする布、革、糸など。ひも。〔儀礼‐既夕礼〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひぼ【紐】
〘名〙 「ひも(紐)」の変化した語。
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)二「紐(ヒホ)を将て絇(わひほ)に内(い)れて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひも【紐】
〘名〙
① 物を結んだり束ねたりする、縄状のもの。ふつう、糸より太く、帯・綱より細いものをいう。布製・革製・紙製・麻製など、種々ある。ひぼ。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「ささら形 錦の臂毛(ヒモ)を 解き放けて あまたは寝ずに ただ一夜のみ」
② 水商売の女や娼婦などに金銭をみつがせている情夫。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉一一「やけでお若は浮気をする。紐がつく、蔦が搦む」
③ かげで操り、支配するもの。また、その条件となるもの。→紐付き
④ (形状が①に似るところから) アカガイやホタテガイの外套膜をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation