@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

純情【ジュンジョウ】

デジタル大辞泉

じゅん‐じょう〔‐ジヤウ〕【純情】
[名・形動]純真で邪心のない心。また、その心をもっているさま。「純情な少年」「純情可憐(かれん)」
[派生]じゅんじょうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

純情
1930年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男原作脚本:水島あやめ、撮影:杉本正二郎。出演:高尾光一、小藤田正一、月岡初子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐じょう ‥ジャウ【純情】
〘名〙 (形動) 純真でまじりけのない心。すなおできれいな心。また、そのような心を持っているさま。「純情可憐」
※凌雲集(814)渤海入朝〈大伴氏上〉「乃知玄徳已深遠、帰化純情是最昭」
※戦陣訓(1941)二「忠誠の士は又必ず純情の孝子なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

純情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

純情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation