@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

純粋培養【じゅんすいばいよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

純粋培養
じゅんすいばいよう
pure culture
単一の類のや下等な藻類を取出して培養することをいう。目的とする微生物を得て生理作用などを検索するときに,まず分離培養を行なって増殖し,目的微生物集落を取出し,その種類に応じて寒天培地,血液培地,血清培地などを用いる。多細胞生物に由来する組織細胞の純粋培養も可能である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅんすい‐ばいよう〔‐バイヤウ〕【純粋培養】
[名](スル)
細菌・カビなどを、他の種類を混在させない状態で、一種類だけ培養すること。
子供を社会の悪い面から隔離して成育させること。「純粋培養されたお坊ちゃん」
(比喩的に)新卒で就職した企業・団体に定年まで勤め続けること。また、幼稚園や小学校から大学まで系列校に在学し、卒業後もその学校に定年まで勤めていること。
[補説]他の社会を知らず視野の狭いことを皮肉るのに使うこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

純粋培養
 特定の種の菌のみを培養すること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅんすい‐ばいよう ‥バイヤウ【純粋培養】
〘名〙
① 生物のある一種類だけを分離し、他の種類を混入させない状態で培養すること。フランスのパスツールやドイツのコッホによって確立。病原体の観察などに用いる。純培養。〔稿本化学語彙(1900)〕
② 比喩的に、子どもを社会の悪い面から隔離して成育させることや、ある特定の能力だけを身につけるように育てることをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

純粋培養
じゅんすいばいよう

培養

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

純粋培養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

純粋培養の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation