@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

純資産【じゅんしさん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

純資産
資産とは、企業のすべての資産の総額から、負債を差し引いた金額のことを意味する。この金額は企業の自己資本同額となるため、純資産と自己資本は同義となる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

純資産
企業が持つすべての資産(総資産)のうち、銀行などからの借り入れ(負債)に頼らない部分。資本金のほか、過去の利益の積み上げや資産の「含み益」などで構成される。総資産に占める純資産が大きいほど財務の状態がよいとされる。
(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

じゅん‐しさん【純資産】
資産総額から負債総額を差し引いた残額。純財産。正味財産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

純資産
「資産」から「負債」を差し引いた金額。負債には、有価証券等の買付代金の未払金や、先物等の建玉等がふくまれている。先物等の建玉は、同額「その他資産」の項目にも計上されている。その他資産には、有価証券等の売却代金の未払入金や、先物等の建玉等が含まれている。先物等の建玉は、同額「負債」の項目にも計上されている。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

世界大百科事典 第2版

じゅんしさん【純資産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅんしさん【純資産】
資産総額から負債総額を差し引いた額。純財産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐しさん【純資産】
〘名〙 企業の資産総額から負債総額を差し引いた額。純財産。正味資産。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

純資産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

純資産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation