@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紙子仕立両面鑑【かみこじたてりょうめんかがみ】

世界大百科事典 第2版

かみこじたてりょうめんかがみ【紙子仕立両面鑑】
人形浄瑠璃世話物。3段。菅専助作。1768年(明和5)12月大坂北堀江市の側芝居,豊竹此吉座初演。角書〈助六揚巻〉。1699年(元禄12)12月に起こった大坂千日寺心中は,翌年すぐに京・大坂の歌舞伎に仕組まれ,人形浄瑠璃においても《大坂千日寺心中物語》が上演された(1700年と推定)。この《千日寺心中》に始まって,改作《大坂すけ六心中物語》や都一中の《助六心中幷せみのぬけがら》が作られてゆき,〈助六心中〉の系統が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紙子仕立両面鑑
かみこじたてりょうめんかがみ
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。3段。菅専助(すがせんすけ)作。1768年(明和5)12月、大坂・北堀江座初演。都一中(みやこいっちゅう)の語物『萬屋助六(よろずやすけろく)心中』などで知られた揚巻(あげまき)助六の情話が題材で、並木丈輔(じょうすけ)の浄瑠璃『萬屋助六二代(にだいがみこ)』(1735)を書き替えた作品。萬屋助六は傾城(けいせい)揚巻におぼれ、悪番頭権八らの謀計により父助右衛門(すけえもん)から勘当され、妻お松とも離別、揚巻と心中しようとするが、権八らの悪事が発覚して助かる。眼目は中の巻「大文字屋」で、実家に戻ったお松が夫を救うため身売りしようとするのを、その貞心に感じた助右衛門が揚巻身請けの金を出し、年季証文を持って訪れる場面。歌舞伎(かぶき)では11世片岡仁左衛門(にざえもん)が復活して助右衛門・権八の二役を勤め当り芸とし、以来、その家の芸「片岡十二集」の一つになった。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみこじたてりょうめんかがみ かみこじたてリャウメンかがみ【紙子仕立両面鑑】
浄瑠璃。世話物。三巻。菅専助作。明和五年(一七六八)大坂北堀江座初演。大坂の万屋(よろずや)助六と島原の遊女揚巻との心中事件を題材とする。里へ帰された助六の妻お松の貞節を描く大文字屋の段が名高い。助六心中。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

紙子仕立両面鑑
かみこじたて りょうめんかがみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
菅専助
補作者
勝歌女助
初演
明治3.5(京都・南側芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紙子仕立両面鑑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紙子仕立両面鑑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation