@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紙幣整理【しへいせいり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

紙幣整理
しへいせいり
1880年(明治13)9月に開始され、1881年10月の政変後、大蔵卿松方正義(まさよし)によって達成された、不換紙幣を整理し兌換(だかん)通貨制を樹立した政策。1877年西南戦争の際の不換紙幣・不換銀行券の増発を契機にインフレーションが高進し、1879~1880年には財政経済危機を引き起こした。これに対し当時の財政の実権者大隈(おおくま)重信は1879年6月、前年に作成した「公債及び紙幣償還概算書」を改訂し、償却期間を短縮した「国債紙幣償却方法」を作成した。これが1880年9月からの紙幣整理の基礎となるが、その間に財政危機が激しさを加えたため、大隈は1880年5月外債募集による一挙償却案を提出した。この建議は拒否され、明治十四年の政変で大隈は閣外に去った。その後を受けた松方は、紙幣償却には漸進的方策をとりつつ(ただし歳計節約・予備紙幣消却を進める)、それと並行して正貨準備を増大し、中央銀行の創設による兌換通貨制の樹立を図った。松方の紙幣整理は日本銀行の創設(開業1882年10月)、兌換銀行券の発行(1885年5月)によって完了するが、その間は激しいデフレーションの過程(松方デフレ)であった。[大石嘉一郎]
『大蔵省編「紙幣整理始末」(大内兵衛・土屋喬雄編『明治前期財政経済史料集成 11』復刻、1979・原書房) ▽日本銀行調査局編『日本金融史資料 16』(1957・大蔵省印刷局) ▽大石嘉一郎著『自由民権と大隈・松方財政』(1989・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紙幣整理
しへいせいり
明治政府による各種紙幣整理した政策
明治初年に乱発された旧藩札や太政官札民部省札・新政府紙幣などの整理をいう。1881年からの松方財政によって,'82年日本銀行を設立し,'85年から兌換紙幣を発行。'99年不換紙幣の回収消却を完遂した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紙幣整理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紙幣整理の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラドボルザーク(Antonín Dvořák)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation