@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紙花【カミバナ】

デジタル大辞泉

かみ‐ばな【紙花/紙纏頭】
(紙花)紙製の造花。特に、葬儀に用いるもの。死花花(しかばな)。地取(じど)り。野花(のはな)。紙幣(しべい)。
(紙纏頭)遊里などで、遊女などに祝儀として与える白紙。後日、現金に換える。
「ひらり―七、九寸、木枕に打ち敷いて」〈浄・阿波鳴渡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐か〔‐クワ〕【紙花】
紙で作った花。特に、葬儀に用いる造花。かみばな。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しか【紙花】
紙でつくった花。紙の造花。
死花花しかばなに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐ばな【紙花】
〘名〙
① 紙で花の形に造ったもの。紙製の造花。特に、葬儀に用いるものをいう。死花(しか)。紙幣(しへい)。しか。
② (紙纏頭) 遊里で、客が祝儀(しゅうぎ)として遊女や遣手などに与えた小菊(こぎく)という懐紙で、あとで現金と替えたもの。古くは、紙に目録をしるし、その金額を支払うしくみになっていたが、後には簡略となり、白紙だけを包んで与えた。通常は小菊一枚が一分(ぶ)、一帖(四八枚)が一二両として支払った。纏頭(はな)
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)中「いつやらの紙花も、おもひの外におそなはり、めんぼくない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐か ‥クヮ【紙花】
〘名〙 紙で造った花。特に葬儀の時に用いる造花。かみばな。死花。
※延喜式(927)一三「凡国忌斎会五位一人。六位已下一人。史生一人向寺。率諸司史生四人事。冬月用紙花。〈略〉余月採時花之」 〔水滸伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紙花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紙花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation