@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

素因【ソイン】

デジタル大辞泉

そ‐いん【素因】
おおもとの原因。「事故の素因を調べる」
その病気にかかりやすい素質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

素因
そいん

疾患の原因には数多くの因子があげられているが、一般には生体の外部から与えられる原因と、生体の内部に存する原因とに大別され、疾患の成立には、この外因と内因両者の複雑な相互関係が重要視されている。この意味で、疾患にかかりやすい性状、すなわち内的条件を疾病素因あるいは素因とよんでいる。素因には、共通的な一般的素因と、各個人が有する個人的素因とがある。一般的素因には、ある年齢に好んで発生する病気がある場合に使われる年齢素因のほか、性素因、人種素因があり、さらに、多くの病気で侵されやすい組織や臓器があるときに使われる組織素因、臓器素因がある。一方、個人的素因には、先天性素因と後天性素因とがあり、先天性素因には体型と体質が属している。また、先天性素因のなかで遺伝性の明らかなものは遺伝性素因とよばれる。体型は、正常型、細身型(やせ型。極端なものは無力型)、肥満型(ふとり型)、運動家型(筋肉型)、発育異常型に分類されるが、体質は、個人の有する形態的、機能的、ならびに精神的な種々の性状が総合されたものである。普通の人にはなんの変化もおこさない程度の外因でも、ある特定の個人には疾患をおこすことがあるが、このような素因は特異体質とよばれる。また、一般に疾患に容易にかかりやすい体質を異常体質または病的体質とよんでいる。病的体質として、無力体質、発育不全体質、胸腺(きょうせん)リンパ体質、滲出(しんしゅつ)性体質などがあげられている。後天性素因としては、個体あるいは臓器組織の反応性の変化、および抵抗性の減弱などが考えられている。なお、素因と区別されなければならない用語として曝露(ばくろ)がある。これは疾病をおこす外因を受ける機会が多いことを意味して使われるものである。

[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐いん【素因】
〘名〙
① もととなる原因。根本的な原因。もと。
※兎糞録(1913)〈和田垣謙三〉四〇「『どうぞ中程へ願ひます』と云ふもの〈略〉其の十字中に、ド、ゾ、ド、ガの四箇の濁音あることは全体に於て柔く響き、且つ丁寧に聞ゆる素因をなせり」
② ある病気に対してかかりやすい素質。年齢・人種・性別などによる一般的素因と、特異体質・滲出性体質など個人にみられる病的な個人的素因とに分けられる。
※七新薬(1862)七「少壮の人肺労の素因ある者に之を常服せしめて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素因」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素因の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation