@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

素戔嗚尊・須佐之男命【すさのおのみこと】

精選版 日本国語大辞典

すさのお‐の‐みこと すさのを‥【素戔嗚尊・須佐之男命】
記紀・風土記などに見える神。「古事記」では、伊邪那岐(いざなぎ)命のみの子とされるが、「日本書紀」では、伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)二神の間に生まれたとされる。天照大神の弟。その凶暴さによって地上また高天原を追放され、根の堅州国(記)、或いは根の国(紀)の主神となる。その途次、出雲国にて、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治、稲田姫と結婚して宮を営んだ。また子とともに新羅に渡り、日本に植林法を伝えたという別伝もある(「日本書紀」一書)。暴風神・農業神・英雄神など多面的な神とされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素戔嗚尊・須佐之男命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素戔嗚尊・須佐之男命の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation