@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

素戔嗚尊【スサノオノミコト】

デジタル大辞泉

すさのお‐の‐みこと〔すさのを‐〕【素戔嗚尊/須佐之男命】
日本神話の神。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子。天照大神(あまてらすおおみかみ)。多くの乱暴を行ったため、天照大神が怒って天の岩屋にこもり、高天原から追放された。出雲に降り、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、大蛇から得た天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)照大神に献じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

素戔嗚尊 すさのおのみこと
記・紀神話などにみえる神。
伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子。父神から追放され,高天原(たかまがはら)に姉の天照大神(あまてらすおおみかみ)をたずね乱行をかさねたので,姉はいかって天岩戸(あまのいわと)にかくれたとつたえる。のち出雲(いずもの)国で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し,すくった奇稲田姫(くしいなだひめ)と結婚し出雲の祖神となる。「古事記」では須佐之男命とかく。
【格言など】八雲立つ出雲八重垣妻籠(ご)みに八重垣作るその八重垣を(「古事記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すさのおのみこと【素戔嗚尊】
速(はや)素戔嗚尊,建速(たけはや)須佐之男命とも呼ばれる。《古事記》では須佐之男命などと記す。《古事記》《日本書紀》に語られた神で,皇祖神天照大神(あまてらすおおかみ)の弟とされる。神々の世界すなわち高天原(たかまがはら)では悪,罪,穢(けがれ)の化身としてあらわれ,地上の葦原中国あしはらのなかつくに)では開祖の神として語られている。その名のスサは荒れすさぶで,タケ,ハヤともにこの神の威力を強調した語である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

素戔嗚尊
すさのおのみこと

伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎいざなみのみこと)二神の子として(日本書紀)、また伊弉諾尊の禊(みそぎ)のとき(古事記)などに日月神とともに出現した、記紀神話の重要な神。出雲(いずも)系神話の始祖でもある。父から定められた支配地を治めず、母の国の根国(ねのくに)を慕って泣いたため、災いを起こして父に追放される。尊はそのいとまごいのために高天原(たかまがはら)の姉、天照大神(あまてらすおおみかみ)に会いに行くが、大神はその粗暴な行動に支配地を奪われるのかと疑いをもち、武装して迎える。尊は心の清明を証(あか)すために誓約(うけい)をし、これによって心の清明を証しうるが、勝利におごって天津罪(あまつつみ)とよばれるさまざまな乱行を重ね、ついに天照大神は天岩戸(あめのいわと)に隠れ、全世界が暗黒となる。この罪により尊は神々に追放され、根国に赴くが、途中の出雲国では八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、根国の支配者となる。そののちは大国主命(おおくにぬしのみこと)を迎えてこれに試練を課し、最後には娘を与え、さらに聖器を授けて大国主命に葦原中国(あしわらのなかつくに)の統治者となることを命じる。

 このように、この神は高天原を舞台とするときと、出雲あるいは根国を舞台とするときとではまったく相反する二面を示している。出生の状況も、日月二神が左右の目より出現するのに対して、鼻より出現するなど異様であり、この神は元来、高天原の天神(あまつかみ)的存在ではなく、記紀神話の構想によって天照大神に対抗する罪人の権化(ごんげ)、かつ大神の弟という存在に仕立てられたことがわかる。その不服従や乱行により高天原での神話を展開するとともに、追放者、弟としての位置づけは、素戔嗚尊を始祖とする『古事記』の国神(くにつかみ)の大系譜を天照大神の下位に位置づけ、さらに天孫の国土支配権を保証したのである。この神の本質は根国にあって、そこから去来するところに求められる。またその神名は地名須佐(すさ)と関連をもつとともに、さらに「すさ」は、根源には新羅(しらぎ)の巫覡(ふげき)王・次次雄(ススン)に淵源(えんげん)をもつものであろう。この神には新羅への天降(あまくだ)りなど、朝鮮関係の記事が多い。その信仰は、韓海人(からあま)を含む紀伊水軍によって朝鮮より運ばれ、渡来文化と結び付く蕃神(ばんしん)的色彩を残しつつ、しだいに複雑な祖霊的神格として紀伊より出雲に展開したと推定される。

[吉井 巖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そさのお‐の‐みこと そさのを‥【素戔嗚尊】
※高野本平家(13C前)二「昔素盞烏尊(ソサノヲノミコト)三十一字のやまとうたをはじめをき給ひしよりこのかた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

素戔嗚尊
すさのおのみこと
日本神話の神。天照大神 (あまてらすおおみかみ) の弟
「須佐之男命(『古事記』)」とも書く。記紀によると高天原 (たかまがはら) で大暴れをし,それを怒った天照大神が天岩戸にこもった(天岩戸神話)。そのため素戔鳴は根の国に追放され,出雲に下り,ここで八岐大蛇 (やまたのおろち) を退治し,稲田姫と結婚したという。大国主命 (おおくにぬしのみこと) はその子孫とされている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素戔嗚尊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素戔嗚尊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation