@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

素材【そざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

素材
そざい
matter
一般に,芸術家が作品を制作する際の原料となる一切の自然的,外的所与である。生のままの材料をいう。芸術作品の内容と対置されるのが普通であるが,さらには内容をになうものとして形づくられた素材という場合のように,形式と対置されることもある。これには表現手段としての素材,たとえば大理石や絵具などと,表現対象としての素材,たとえばいわゆる模倣芸術における人物,風景などとに大別される。多くの芸術理論では,芸術の内容が強調されるのは当然であるが,その内容を実際にになっているものとしての素材を芸術創造における一方の契機とする積極的な考え方もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そ‐ざい【素材】
もとになる材料。原料。「素材を生かした料理」
まだ製材されてない材木。丸太の類。
芸術作品の物的材料。絵画や彫刻における絵の具・石材や、文学や音楽における言語・楽音など。
芸術作品の題材。「素材民話に求めた小説」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そざい【素材】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そざい【素材】
もとになる材料。原料。 -の持ち味を生かす
芸術作品の題材となる自然や人事。 作者自身の体験を-としている
伐採し、適当に切断しただけの木材。原木。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐ざい【素材】
〘名〙
① もととなる材料。原料。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 造材を施しただけで、まだ製材をしていない材木。丸太および杣角(そまかく)などがある。木材。
※農林省令第四十五号‐昭和一四年(1939)九月二七日「素材とは丸太及杣角を、製材とは板類挽割類及挽角類を謂ふ」
③ 芸術創作の材料となる一切のもの。芸術表現の手段として用いられる自然の材料や題材となるもの。
※文学・形式問答(1927)〈谷川徹三〉「それは内容を素材の意味に、つまり取扱はれてゐる人物とか、事物とか、事件とかの意味にとる場合だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素材の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation