@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【サク】

デジタル大辞泉

さく【索】
縄。ロープ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく【索】[漢字項目]
常用漢字] [音]サク(漢) [訓]もとめる
太い縄。つな。「索条鋼索縄索(じょうさく)
手づるによって探し求める。「索引検索思索詮索(せんさく)捜索探索模索
ばらばらに離れて無くなるさま。「索然索漠
[難読]索麺(そうめん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく【索】
〘名〙
① 縄(なわ)。綱。縄索(じょうさく)。〔五国対照兵語字書(1881)〕 〔詩経‐豳風・七月〕
② 仏像の手に、ある意味を示すものとして持たせる縄。不動明王の金剛索、観音の羂索(けんさく)などがある。さっく。
※古今著聞集(1254)二「たけ三四尺計なる童子の〈略〉左手に剣并索をもち、右手に剣印をなす」
③ 不動明王の持つ索を彫った、刀身の彫刻。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さっく【索】
〘名〙 「さく(索)」の変化した語。主に謡物(うたいもの)などの中でいう。さっくの縄。
※謡曲・道成寺(1516頃)「中央に大日大聖不動、動くか動かぬか索(さっく)の、なまくさまんだばさらだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

索の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation