@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紫式部【むらさきしきぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紫式部
むらさきしきぶ
[生]天延1(973)頃
[没]長和3(1014)頃
平安時代中期の物語作者。『源氏物語』の作者漢学者であった藤原為時を父として生れ,母は藤原為信の女で早く亡くなり,父の手で育てられた。長保1 (999) 年頃年齢の違う藤原宣孝と結婚,後冷泉院乳母になった大弐三位賢子を産んだが,同3年夫と死別。この寡婦時代に『源氏物語』の執筆を開始したと推定される。寛弘2 (1005) 年あるいは翌3年の年末,一条天皇の中宮彰子に出仕したが,女房生活にはなじめなかったらしい。その間の事情は『紫式部日記』に詳しい。その点,清少納言とは対照的で,同時代の女流文学者として,和泉式部,赤染衛門らとともに対比されることが多い。 40歳余でしたと推定される。家集『紫式部集』があり,伝記資料としても重視される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むらさき‐しきぶ【紫式部】
クマツヅラ科の落葉低木。山野に生え、高さ約3メートル。葉は対生し、楕円形で裏面に黄色の点がある。6、7月ごろ、葉の付け根に淡紫色の小花を集散状につけ、秋に色の球形の実を結ぶ。近縁のコムラサキは小ぶりで実が密につき、庭木とされる。漢名、紫珠。みむらさき。 秋》
[補説]人名別項。→紫式部

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらさき‐しきぶ【紫式部】[人名]
[973ころ~1014ころ]平安中期の女流作家越前守藤原為時の娘。藤原宣孝と結婚し、夫の没後、「源氏物語」を書き始める。一条天皇の中宮彰子(しょうし)仕え藤原道長らに厚遇された。初めの女房名は藤式部。他に「紫式部日記」、家集「紫式部集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

紫式部 むらさきしきぶ
?-? 平安時代中期の物語作者,歌人。
藤原為時の娘。母は藤原為信の娘。生年は天延元年(973)ごろ,没年は長和3年(1014)以降と推定されている。長保元年(999)藤原宣孝(のぶたか)と結婚,大弐三位(だいにのさんみ)(賢子)を生む。3年夫と死別ののち「源氏物語」をかきはじめ,文才をみとめられて上東門院(中宮(ちゅうぐう)彰子)につかえた。中古三十六歌仙のひとり。女房名は藤(とう)式部。家集に「紫式部集」,日記に「紫式部日記」。
格言など】めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半(よは)の月かな(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

むらさきしきぶ【紫式部】
平安中期の物語作者,歌人。《源氏物語》《紫式部日記》《紫式部集》の作者。生没年不詳。誕生は970年(天禄1)説,973年(天延1)説などがあり,また978年(天元1)説は誤りである。本名未詳。父は当時有数の学者,詩人であった藤原為時。彼女は幼時に母(藤原為信の女)を失い,未婚時代が長かった。996年(長徳2)越前守となった父とともに北陸に下り,翌々年帰京,父の同僚であった山城守右衛門佐の藤原宣孝と結婚,翌年賢子(のちの大弐三位(だいにのさんみ))を産んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むらさきしきぶ【紫式部】
クマツヅラ科の落葉低木。暖地の山野に生える。高さ2メートル 内外。葉は楕円形。初夏、葉腋ようえきに淡紅紫色の小花を多数つけ、秋、球形の液果が紫色に熟す。実紫みむらさき。漢名、紫珠。 [季] 秋。
人名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらさきしきぶ【紫式部】
973頃~1014頃 平安中期の女流作家・歌人。藤原為時の女むすめ。はじめ藤式部と呼ばれる。藤原宣孝と結婚、大弐三位を生むがまもなく夫と死別。その後、源氏物語の執筆を始める。才媛のほまれ高く、一条天皇中宮彰子(上東門院)に仕え、「白氏文集」を進講。藤原道長や藤原公任らとの交流もあった。ほかに「紫式部日記」「紫式部集」などの著がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紫式部
むらさきしきぶ
生没年未詳。平安中期の女流作家。『源氏物語』『紫式部日記』『紫式部集』を著し、『後拾遺(ごしゅうい)和歌集』以下の勅撰(ちょくせん)集に60首近い歌がとられている。藤原為時(ためとき)と為信(ためのぶ)娘との間の次女として生まれ、一族に曽祖父(そうそふ)藤原兼輔(かねすけ)、その従兄定方(さだかた)、祖父雅正(まさただ)、その弟清正(きよただ)、伯父為頼(ためより)など優れた歌人をもち、父為時も一流の文人であり、同母兄弟惟規(のぶのり)も家集を残している。兼輔は定方とともに紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)ら『古今集』歌人たちの庇護(ひご)者であり、醍醐(だいご)天皇親政下の有力貴族であったが、雅正・清正の代以降は受領(ずりょう)層に品定まり、為時に至っては時の帝(みかど)(一条天皇)に申文(もうしぶみ)を奉ってやっと越前守(えちぜんのかみ)の職を得るありさまであった。紫式部の歌や文章に、家の荒廃を嘆き、身の程の口惜しさを思うものが目だつゆえんである。その「家」は兼輔が建て『大和(やまと)物語』などにその風流ぶりをうたわれた、賀茂(かも)川べりの堤第(つつみてい)であった公算が強い。京都市上京区の廬山寺(ろざんじ)あたりがその跡地に相当する。
 生年については970年(天禄1)、973年(天延1)、978年(天元1)などの諸説があるが、973年ごろとみるのが妥当であろう。母を早く失い父の膝下(しっか)に育ったようで、その感化のもとに漢籍に親しんで優れた素質を示し、為時をして男子ならぬを嘆かせた。一方、家に伝わる歌書や物語類をも手当たりしだいに読みあさったらしく、箏(そう)の演奏なども伝授を頼まれるほどの腕前であった。近侍した花山(かざん)天皇の退位(986年6月)とともに職を失い蟄居(ちっきょ)する父の傍らで娘盛りを迎えた式部は、読書や友との交流などに心をやりながら過ごしたらしい。
 996年(長徳2)夏、国守として越前(福井県)へ向かう為時に同行した式部は、北国の深い雪に驚き1、2年で帰京、998年冬か999年(長保1)初春に藤原宣孝(のぶたか)と結婚した。宣孝は定方の曽孫、式部と縁続きで、為時の上司だったこともあり、磊落(らいらく)な人柄であったらしいが、すでに先妻との間に多くの子女があり、なお艶聞(えんぶん)が絶えず、式部もその夜離(よが)れに悩まねばならなかったようである。彼女が初婚の相手に20以上も年上と思われる相手を選んだことは注目されるが、この結婚生活は長く続かず、一女賢子(けんし)(大弐三位(だいにのさんみ))を残して1001年4月、宣孝が他界し、式部は若き寡婦としてほうり出された。『源氏物語』はこうした現実の絶望を乗り越える第二の現実として紡ぎ出されたらしい。
 1006年(寛弘3)暮れ(5年説も)、一条(いちじょう)天皇中宮彰子(しょうし)(藤原道長娘)のもとに出仕したが、その後も物語は書き継がれたらしい。『紫式部日記』は1008年9月の彰子の皇子出産(後の後(ご)一条天皇)を軸に自己の心境を交えて記したものである。一条天皇崩御(11年6月)ののちも式部は彰子の傍らにあったが、1014年(長和3)春ごろに没したらしい(1019年以降説もある)。『紫式部集』は晩年自ら編んだものと思われ、娘時代からの歌詠120首前後を収める。京都紫野(北区紫野西御所田(ごしょでん)町)に式部の墓と伝えるものがある。[伊藤 博]
 いづくとも身をやる方(かた)の知られねば憂(う)しと見つつも永らふるかな
『角田文衛著『紫式部とその時代』(1966・角川書店) ▽清水好子著『紫式部』(岩波新書) ▽稲賀敬二著『日本の作家12 源氏の作者 紫式部』(1982・新典社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

紫式部 (ムラサキシキブ)
学名:Callicarpa japonica
植物。クマツズラ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むらさき‐しきぶ【紫式部】
[1] 平安中期の女流物語作者で、歌人。中古三十六歌仙の一人。本名未詳。女房名「紫式部」は「源氏物語」の登場人物紫の上と、父の旧官名による。藤原為時の女。藤原宣孝と結婚し賢子をもうけたがまもなく死別。寡婦時代に「源氏物語」を書き始め、道長に認められて一条天皇の中宮彰子に仕えた。また、皇子誕生、女房評などを書いた「紫式部日記」、家集「紫式部集」がある。天元元年頃~長和三年頃(九七八頃‐一〇一四頃
[2] 〘名〙 クマツヅラ科の落葉低木。北海道南部、本州、四国、九州の山野に生え、庭木ともする。高さ一・五~三メートル。樹皮は淡灰色。葉は柄をもち対生。葉身は長楕円形で長さ六~一五センチメートル、縁に細鋸歯(きょし)がある。夏、葉腋に紫または白色の細花が群がって付く。果実は径約三ミリメートルの球形で紫色に熟す。この仲間にはコムラサキ、ヤブムラサキなどがある。和名は、紫色の果実を、(一)になぞらえたもの。漢名に紫珠を用いる。みむらさき。《季・秋》 〔大和本草批正(1810頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

紫式部
〔浄瑠璃〕
むらさきしきぶ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
桜田治助(3代)
初演
嘉永1.5(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

紫式部
むらさきしきぶ
978?〜1016?
平安中期の代表的女流文学者で,『源氏物語』の作者
父は越前守藤原為時で和歌・詩文に長じていた。紫式部の名は,『源氏物語』の紫の上と,兄が式部丞であったことにちなむが,実名は不明。夫藤原宣孝 (のぶたか) に死別後,一条天皇の中宮彰子 (しようし) に仕え,その前後に『源氏物語』の筆をとり始めた。当時の才女としては清少納言の才智,和泉式部の情熱に比し,内省的な人柄であったらしい。著書はほかに『紫式部日記』『紫式部集』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫式部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紫式部の関連情報

関連キーワード

オットー[1世]オットーオットー1世(大帝)ベネディクツス6世オットー(1世)オットー(1世)オットーザクセン朝ラーシュトラクータ朝天延

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation