@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)
温暖地での代表的な斑点性の糸状病。夏の終わりから秋にかけて発生し、赤紫色、楕円形、長さ0.5〜2cm、幅0.3〜1cmの病斑を多数形成する。この病斑は菌が侵入した部分にアントシアン色素が集積したものである。病斑は古くなると、中央部が黄褐色に変色してゆき、やがて全葉が枯死する。品種によっては病斑は黄褐色となる。病原菌は、スーダングラスおよびジョンソングラスにも強い病原性を持つ。抵抗性は単一の劣性遺伝子により支配される。

出典:畜産草地研究所

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation