@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紫斑病【しはんびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紫斑病
しはんびょう
purpura
皮膚,粘膜に生じる紫色の皮疹をおもな病変とする疾患。これはヘモグロビン,ビリルビン,ヘモジデリンなどによる着色で,指で圧迫しても消退しない。紫斑はその大きさ,形状により直径1~5mmの点状出血,それより大きい斑状出血,大量の出血による血腫などに大別される。紫斑病の原因としては,血液成分の異常,血管支持組織の脆弱化,血管内圧亢進,血管炎など,さまざまのものがあげられる。 (→アナフィラキシー紫斑病 , 特発性血小板減少性紫斑病 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しはん‐びょう〔‐ビヤウ〕【紫斑病】
皮膚や粘膜に斑状の内出血が起こり、赤紫色を呈する病気の総称血小板減少や機能異常、血管の病的変化などで起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

紫斑病
 皮下,粘膜下の出血を起こす疾患.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

しはんびょう【紫斑病 (Purpura)】
◎紫色の出血斑(しゅっけつはん)ができる
 出血傾向(しゅっけつけいこう)などがあって、血管から皮膚や粘膜(ねんまく)の下に赤血球(せっけっきゅう)が出てくる(内出血(ないしゅっけつ))と、そこが紫色にみえることが多く、これを紫斑(しはん)といいます。
 紫斑は、浅いところの出血では鮮やかな赤、深いところの出血では暗い紫色で、時間とともに褐色から黄色に変化します。この紫斑がおもな症状である病気を紫斑病(しはんびょう)といいます。
 したがって、紫斑病の原因は、出血傾向をひきおこす原因でもあって、大きく分けると、血管の病的な変化、血小板(けっしょうばん)の異常、血液凝固(けつえきぎょうこ)のしくみの異常となります。
 さらに、これらの異常が先天的な遺伝に関係しておこるものと、後天的におこるものに分けられます。また、その異常が1つの病気として独立しておこるもの(特発性(とくはつせい))と、なにか別の病気にともなっておこるもの(続発性(ぞくはつせい)、症候性(しょうこうせい))に分けることもできます。
◎紫斑病のいろいろ
 紫斑病の原因のうち、血管に異常があっておこるものを、血管性紫斑病(けっかんせいしはんびょう)といいます。
 血管性紫斑病の代表的なものは、アレルギーが原因でおこるアレルギー性紫斑病(せいしはんびょう)です。
 このほか、血管壁が破れやすい単純性紫斑病(たんじゅんせいしはんびょう)、老化にともなう老人性紫斑病(ろうじんせいしはんびょう)、血管に異常をおこすような原因があっておこる症候性血管性紫斑病(しょうこうせいけっかんせいしはんびょう)などがあります。
 血小板の異常でおこる紫斑病は、血小板の数の異常が原因のものと、質の異常が原因のものに分けられます。
 血小板の数の異常によっておこる代表的な病気は血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)で、自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)の一種と考えられる特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)、血小板が血管内で固まっておこる血栓性血小板減少性紫斑病(けっせんせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)などがあります。
 質の異常によっておこるものの代表には、血小板機能異常症(けっしょうばんきのういじょうしょう)があります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

しはんびょう【紫斑病 purpura】
皮内,皮下,粘膜下における出血を主徴とする疾患の総称で,いろいろな病気が含まれる。出血には皮内の小出血点(点状出血)から,皮下の大きな出血(斑状出血)まで種々の形があり,色調も新しい出血では鮮紅色を示すが,古くなると暗赤色,紫褐色,黄褐色,褪色というようにさまざまとなる。原因には,血液の異常(血小板の減少,血液凝固の異常,異常タンパク質など),血管支持組織・血管内圧の異常,血管炎など種々の因子が考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しはんびょう【紫斑病】
皮内・皮下・粘膜下に点状・斑状の出血を起こす疾患の総称。血小板減少・血液凝固機能の異常・血管炎などの原因による。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紫斑病
しはんびょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しはん‐びょう ‥ビャウ【紫斑病】
〘名〙 皮膚および粘膜に出血を起こし、紫斑ができる疾患の総称。発熱や関節痛を伴い、全身に不快がある。侵された部位により血管性、血小板減少性、凝血因子欠乏性とに分かれる。〔育児読本(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫斑病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紫斑病の関連情報

他サービスで検索

「紫斑病」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation