@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紫蘇輝石【しそきせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紫蘇輝石
しそきせき
hypersthene
斜方輝石一種。 (Mg,Fe)SiO3 。ハイパーシンともいう。比重 3.45~3.58,硬度5~6。頑火輝石 MgSiO2 (Enと略記) と斜方鉄ケイ輝石 FeSiO3 (Fsと略記) を端成分とする斜方輝石連続固溶体のうち,En50~En70 (分子比) の組成領域のものをいう。 En70~En90 のものは古銅輝石,En90~En100 のものは頑火輝石という。これらの斜方輝石は各種火成岩中に産するが,特に安山岩石英安山岩では石基,斑晶の両方にごく普通。アルカリ岩中には産しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しそ‐きせき【紫×蘇輝石】
斜方輝石の一種。マグネシウム・鉄の珪酸塩(けいさんえん)鉱物。黒緑色・暗褐色の柱状結晶。火成岩の主な造岩鉱物の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紫蘇輝石
しそきせき
hypersthene

斜方輝石に属する頑火輝石の一種。柱状結晶で、安山岩、デイサイト(石英安山岩)などの斑晶(はんしょう)として普通に産する。また、特殊な斑糲(はんれい)岩、チャーノッカイトとよばれる高温でできた広域変成岩石、接触変成岩中にも産する。頑火輝石と鉄珪輝石の固溶体のうち、頑火輝石成分が70~50%のものをいう。現在では鉱物学上独立した鉱物名としては扱わない。英名は、かつて角閃(かくせん)石と混同されていたため、角閃石より硬いので、非常に強いという意味のギリシア語に由来し、和名は色による。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しそ‐きせき【紫蘇輝石】
〘名〙 鉄、マグネシウム、珪素(けいそ)などからなる斜方輝石。斜方晶系。暗緑色、暗褐色で光沢を有し、多く柱状または板状で、火山岩、深成岩などの中に産する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫蘇輝石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紫蘇輝石の関連情報

関連キーワード

ケイ酸塩石綿ブリッジマナイト輝石ケイ(珪)酸アルミニウム緑柱石アクアマリンエメラルドエンスタタイトケイ灰石(珪灰石)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation