@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細川持之【ほそかわ もちゆき】

美術人名辞典

細川持之
室町中期の武将。満元の子、勝元の父。中務少輔・右京大夫と称される。斯波義淳後任として管領を務め、また摂津丹波土佐讃岐守護として将軍足利義教の体制を支える。赤松満祐邸で義教が殺害されると、遺児義勝を擁立し、赤松伐軍を派遣し、満祐を播磨に討滅した。嘉吉2年(1442)歿、43才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

細川持之 ほそかわ-もちゆき
1400-1442 室町時代の武将。
応永7年生まれ。細川満元(みつもと)の子。兄持元の早世により家督をつぐ。永享4年管領(かんれい)となり,幕政に参画したが,将軍足利義教(よしのり)の専制をおさえられなかった。嘉吉(かきつ)の乱で義教が赤松満祐(みつすけ)に殺されると,幼少の足利義勝を将軍とし,満祐を討った。嘉吉2年8月4日死去。43歳。通称は九郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

細川持之
ほそかわもちゆき
[生]応永7(1400)
[没]嘉吉2(1442).8.4. 京都
室町幕府管領 (在職 1432~42) 。満元の子。右京大夫。永享4 (32) 年管領に就任。将軍足利義教のもとで守護大名の統制に尽力し,永享の乱には足利持氏を討滅した。義教が赤松満祐に殺されたあとも,義教の子義勝を将軍に立て,播磨で満祐を誅した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川持之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細川持之の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation