@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細川護熙内閣【ほそかわもりひろないかく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

細川護熙内閣
ほそかわもりひろないかく

(1993.8.9~1994.4.28 平成5~6)
日本新党の細川護熙代表を首相とした連立政権。日本社会党、新生党、公明党、日本新党、民社党、新党さきがけ、民主改革連合、社会民主連合の8党会派による、45年ぶりの本格的な連立政権で、1955年(昭和30)以来続いた自由民主党一党支配が終焉(しゅうえん)した。羽田孜(はたつとむ)新生党党首が副総理・外相、山花貞夫(やまはなさだお)社会党委員長が政治改革担当相に就任するなど連立参加各党の首脳が内閣に連なり、首相を除く20閣僚は社会6、新生5、公明4、民社、さきがけ、社民連各1、民間2という布陣であった。

 政権発足直後の新聞・通信各社の世論調査ではいずれも70~80%と、歴代内閣最高の支持率を記録した。

 細川首相は所信表明演説などで政治改革、行政改革、経済改革に取り組んでいく考えを表明。小選挙区比例代表並立制を柱とした政治改革関連4法案を1993年9月からの臨時国会に提出し曲折があった末、1994年1月に成立させた(なお政治改革関連法修正案は同年3月に成立)。また、1993年9月に発表した緊急経済対策では、94項目にわたる規制緩和策を盛り込み、「日本の構造変革への第一歩」と位置づけた。その一方で、自衛隊法改正問題やウルグアイ・ラウンドにおけるコメの部分開放受け入れ問題では、社会党が反対するなど「ガラス細工」的な性格も表面化した。細川首相は東京佐川急便問題を追求されて窮地に陥り、1994年4月辞任した。

[橋本五郎・水野雅之]

『小沢鋭仁著『細川政権二百五十日の真実!』(1994・東京出版)』『長田達治著『細川政権・二六三日』(1997・行研)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

細川護熙内閣
ほそかわもりひろないかく
日本新党の細川護熙(1938〜  )代表を首班とする連立内閣(1993.8〜94.4)
1993年7月の衆議院選挙で自由民主党過半数を割り,反自民,非共産の8党が連立を組んで成立したため,自由民主党の長期政権が終わり,55年体制は崩壊した。細川首相は記者会見で先の戦争を侵略戦争と言明し,8月15日の全国戦没者追悼式では国の加害責任に言及した。細川内閣はウルグアイ‐ラウンドに従ってコメの部分開放に踏み切り,政治改革として衆議院小選挙区比例代表並立制を導入した。しかしバブル経済崩壊による不況対策には有効な政策を打ち出せず,'94年佐川急便グループからの資金提供問題を追及され,窮地に陥り辞任した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川護熙内閣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細川護熙内閣の関連情報

関連キーワード

スティーブン スピルバーグクエンティン タランティーノ怪獣池澤夏樹ヌーベル[各個指定]工芸技術部門トム ハンクス[各個指定]芸能部門国連加盟年月日ごとの加盟国一覧北村太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation