@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細田民樹【ほそだたみき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

細田民樹
ほそだたみき
[生]1892.1.27. 東京
[没]1972.10.5. 東京
小説家。 1915年早稲田大学英文科卒業。在学中に『泥焔』 (1913) が相馬御風激賞を受け,広津和郎谷崎精二に続く早稲田派の新人と目された。自己の体験に基づく軍隊批判の創作集『或兵卒の記録』 (24) で注目を浴び,近代資本主義の構造を写した『真理の春』 (30~31,未完) で決定的評価を受けた。ほかに『ビショップの輪』 (55) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

細田民樹 ほそだ-たみき
1892-1972 大正-昭和時代の小説家。
明治25年1月27日生まれ。大正13年に兵役体験にもとづく軍隊批判小説「或(ある)兵卒の記録」で反響をよんだ。プロレタリア文学の道をあゆみ,昭和期には「黒の死刑女囚」や,連載途中で執筆禁止となった未完の長編「真理の春」を発表した。昭和47年10月5日死去。80歳。東京出身。早大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほそだたみき【細田民樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

細田民樹
ほそだたみき
(1892―1972)
小説家。東京に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。在学中に中編小説『泥焔(でいえん)』(1913)を発表、早稲田派の新人と目された。早大卒業後、三か年の軍隊生活を送り、この体験がのちに『初年兵江木の死』(1920)、『或(ある)兵卒の記録』(1920)などの軍隊批判を主題とする小説を生んだ。作風は初期の自然主義から人道主義、社会主義へと移り、プロレタリア文学に身を投じてから、良心的なサラリーマンの成長と資本家たちの策謀を多様にとらえた長編小説『真理の春』(1930~31)を描き、代表作となった。[大塚 博]
『『日本プロレタリア文学集2 初期プロレタリア文学集2』(1985・新日本出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細田民樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細田民樹の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

他サービスで検索

「細田民樹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation