@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細菌尿【さいきんにょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

細菌尿
さいきんにょう
bacteriuria
を多量に含む尿をいい,普通は膀胱炎腎盂炎腎盂腎炎が起っていることを意味する。尿中にみられる菌としては大腸菌が最も多く,変形菌肺炎桿菌緑膿菌ブドウ球菌腸球菌がこれに次ぐ。男女とも外尿道口付近には種々の雑菌が常在するので,普通に採取した尿には少量の菌が含まれることが多いが,これは単なる汚染にすぎない。一般に尿 1ml中に 10万以上の細菌がいる場合を細菌尿といっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいきん‐にょう〔‐ネウ〕【細菌尿】
細菌およびそれに対応する白血球などが含まれている尿。ふつう白く濁っていて、腎臓膀胱(ぼうこう)・尿道などに感染症があるときにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいきん‐にょう ‥ネウ【細菌尿】
〘名〙 白血球が少ないのに、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌のような細菌が多数含まれて白濁している尿。腎臓や膀胱(ぼうこう)、尿道の病気などが原因。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細菌尿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細菌尿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation