@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細菌【さいきん】

妊娠・子育て用語辞典

さいきん【細菌】
微生物で、顕微鏡で見ることができます。人に有害な細菌、たとえば体の中に入り込んで病気を起こすものもありますが、人の生活に有用な細菌(納豆を作る納豆菌など)もあります。また、人と共生している細菌も。代表が腸内にいるビフィズス菌でしょう。皮膚や鼻の穴には黄色ブドウ球菌などもよく住んでいます。ちなみに黄色ブドウ球菌は、大人または健康な皮膚にはなんでもない菌ですが、皮膚が傷ついていたり抵抗力が落ちていたりすると、「とびひ」を起こすこともあります(子どもに多い病気ですが、大人でもなることがあります)。このように、状況によって人に有害になったりならなかったりする菌を「日和見菌(ひよりみきん)」と呼んだりします。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐きん【細菌】
原核細胞を持つ単細胞微生物原形質に明瞭なをもたない生物の一群。主に分裂によって繁殖する。地球上の至る所に存在する。食品加工や有機物の分解に利用されるが、病原体となるものも多い。光合成細菌藍藻類(シアノバクテリア)、窒素固定菌、放線菌など。バクテリア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

細菌
 バクテリアともいう.微生物の一群.原核生物.原核生物は古細菌真正細菌からなり,真正細菌は細菌とシアノバクテリア(ラン藻)からなる.細菌には光合成細菌,滑走細菌,有鞘細菌,出芽細菌,スピロヘータ,螺旋菌,グラム陰性好気性桿菌・球菌,グラム陰性通性嫌気性桿菌,グラム陰性嫌気性細菌,グラム陰性球菌・球桿菌,グラム陰性嫌気性球菌,グラム陰性化学合成独立栄養細菌,メタン生成細菌,グラム陽性球菌,内生胞子形成桿菌・球菌,グラム陽性内生胞子非形成桿菌,放線菌と類縁細菌,リケッチア,マイコプラズマがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいきん【細菌 bacteria】
バクテリアともいう。細菌という場合,一般的には真正細菌類を指しているが,分裂菌類を指す場合もある。分裂菌類には,真正細菌のほか,放線菌,粘液細菌,スピロヘータなども含まれている。 細菌(真正細菌類)は,原核細胞からなる単細胞生物である。その種類は1800近くが知られている。通常,生物の分類は形態的特徴に基づいて行われるが,細菌は単細胞生物でもあり形態的特徴に乏しいので,形態的特徴とともに生理的および生化学的特徴や,各種培地での培養上の特徴にも重点がおかれて種の分類がなされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいきん【細菌】
単細胞の微生物で、核膜のない原核生物の一群。球状・桿状・螺旋らせん状などを呈し、葉緑体・ミトコンドリアなどをもたない。原則として二個に分裂してふえる。動植物に対して病原性をもつものもあるが、広く生態系の中にあって物質循環に重要な役割を果たしている。分裂菌類。バクテリア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

細菌
さいきん
細菌類」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

細菌
さいきん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細菌の関連情報

他サービスで検索

「細菌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation