@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

細見綾子【ほそみ あやこ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

細見綾子 ほそみ-あやこ
1907-1997 昭和-平成時代の俳人。
明治40年3月31日生まれ。昭和4年松瀬青々の「倦鳥(けんちょう)」に入会。21年「風」創刊に同人として参加し,翌年主宰の沢木欣一と結婚。50年「伎芸天」で芸術選奨,54年「曼陀羅(まんだら)」で蛇笏(だこつ)賞。感性の美しさ,情感の豊かさに特色があった。平成9年9月6日死去。90歳。兵庫県出身。日本女子大卒。
【格言など】野の花にまじるさびしさ吾亦紅(われもこう)(「倦鳥」の初入選作)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

細見綾子
ほそみあやこ
(1907―1997)

俳人。兵庫県生まれ。日本女子大学卒業後結婚するが夫病没。郷里で肋膜(ろくまく)炎を病む。医師の勧めで作句。1929年(昭和4)より松瀬青々(せいせい)に師事、『倦鳥(けんちょう)』に投句。37年青々死去。42年第一句集『桃は八重(やえ)』刊行。46年(昭和21)『風』創刊、同人となる。翌年同誌の沢木欣一(きんいち)と結婚。以後『冬薔薇(ふゆそうび)』(1952)で茅舎(ぼうしゃ)賞、『伎芸天(ぎげいてん)』(1975)で芸術選奨文部大臣賞、『曼陀羅(まんだら)』(1979)で蛇笏(だこつ)賞を得た。平淡典雅の作風で、女流の第一人者であった。

[平井照敏]

 女身仏に春剥落(はくらく)のつづきをり

『『細見綾子全句集』(1979・立風書房)』『沢木欣一著『細見綾子俳句鑑賞』(1992・東京新聞出版局)』『細見綾子著『武蔵野歳時記』(1996・東京新聞出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細見綾子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細見綾子の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門香港映画黒沢清新聞小説ミュンスター彫刻プロジェクトホンダ・インターナビASEAN飯島耕一スペイン映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation