@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紺屋【こうや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紺屋
こうや
染物屋のことで,こんや,そめやなどともいう。もとは紅師 (紅染め) ,紫師 (紫染め) などと合せて染師,そめやなどと呼ばれていたが,紺染めがその大半を占めていたので,染物職人を総称して屋というようになった。染物の技術は中国から移入されて古代から発達していたが,中世になると織物業の発達に伴っていよいよ盛んになり,染物師 (一種同業組合) も生れた。近世に入るとそれがさらに一般に普及し,農村にも渡り歩きの紺屋が訪れるようになり,需要が大きくなるにつれて村々に定住する者も現れた。しかし近代工業の発達に伴って衰退し,現在では特殊な業者が一部に残存するにすぎない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐や【紺屋】
《「こんや」の音変化》染め物を業とする者。また、その家。もと、で布を紺色に染める者をさした。染色を行う家は、古くは、紺屋・紅屋・茶屋のように、得意とする専門の染め色で独立していた。こんかき。こうかき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐や【紺屋】
こうや(紺屋)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐や【紺屋】
〘名〙 (「こんや」の変化した語) =こんや(紺屋)
※玉塵抄(1563)一一「一入(しお)二入と紺屋(コウヤ)に云には入をかくぞ」
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「安土町のこうやへ寄って銭取りゃや」
[補注](1)「こん(紺)」の撥音のウ音便化には、他にも「こうかき(紺掻)」「こうぞめ(紺染)」「こういとおどし(紺糸威)」などがあり、いずれも中世からみられる。
(2)日本各地に「紺屋(こんや)町」という地名が散見するが、「こうやちょう」「こうやまち」とするものは西日本方面に多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐や【紺屋】
〘名〙 染物を業とする家。また、その人。もとは藍染屋をいったが、後には広く染物屋をいう。染物屋。こうや。
※歌謡・田植草紙(16C中‐後)朝歌四番「そめてほされたこんやのかきのかたひら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紺屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紺屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation