@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

終日【シュウジツ】

デジタル大辞泉

しゅう‐じつ【終日】
一日中。から晩まで。まる一日。ひねもす。「終日机に向かう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐すがら【終日】
朝から晩まで。一日中。ひもすがら
「春の―眼をば霞む山べにきはめつくし」〈曽丹集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひねもす【終日】
[副]朝から晩まで続くさま。一日中。しゅうじつ。「終日読書にふける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひめもす【終日】
[副]ひねもす」に同じ。
「―に悲しく見たてまつる」〈浜松・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐も‐すがら【終日】
[副]朝から晩まで。一日じゅう。ひねもす。
「―ぼんやりと、手足を伸ばして」〈谷崎・人魚の嘆き〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうじつ【終日】
一日じゅう。朝から晩まで。ひねもす。副詞的に用いる。 -頭痛に悩む 渓澗に-し/日光山の奥 花袋
ある気象現象が終わる日。春、雪が最後に降った日など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひすがら【終日】
一日中。終日しゆうじつ。ひねもす。 をみ衣すりでてきつる露けさは春の-又ぞ忘れぬ/公任集

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひねもす【終日】
朝から夕方まで。一日中。終日しゆうじつ。ひめもす。 春の海-のたりのたりかな/蕪村句集

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひめもす【終日】
ひねもすに同じ。 昼は-夜は終夜よもすがら、唯其人の面影而已のみ/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひもすがら【終日】
ひねもすよもすがらが混交した語
一日じゅう。ひねもす。 ⇔ よもすがら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐じつ【終日】
〘名〙 朝から晩まで。まる一日。ひねもす。
※続日本紀‐神亀二年(725)一一月己丑「宴飲終日。極楽乃罷」
※古今著聞集(1254)四「心にまかせて終日遊戯しける」 〔易経‐乾〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐すがら【終日】
〘名〙 朝から晩まで。しゅうじつ。一日中。ひもすがら。
※曾丹集(11C初か)「あらかねの としの日かずを かぞへつつ すがのねの 長しと思ふ 春のひすから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひねむす【終日】
※忠見集(960頃)「ひねむすにみれどもあかずゆふつけてかものやしろにおりやつがまし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひねもす【終日】
〘名〙 朝から夕まで。一日中。ひねむす。ひめもす。ひめむす。
※万葉(8C後)一八・四〇三七「乎敷(をふ)の崎漕ぎたもとほり比禰毛須(ヒネモス)に見とも飽くべき浦にあらなくに」
[語誌](1)「よもすがら」に対応する。「日」に接尾語「ね」が付いた「ひね」に助詞の「も」が付き、さらに接尾語「すがら」が付いた「ひねもすがら」の変化した語と思われる。
(2)上代から中古にかけて多用されたが、中世から近世にかけては「ひめもす」の方が一般的で、中世にはほかに「ひめもそ」「ひめむす」「ひねむす」などがあり、かなり語形が揺れていた。近世以降は再び「ひねもす」が多くなるが、雅語として規範意識に基づいて古形に戻されたものと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひめむす【終日】
〘名〙 「ひめもす(終日)」の変化した語。〔観智院本名義抄(1241)〕
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)三「ゲラウ ナドワ fimemusu(ヒメムス) ヒトニ ヤトワレ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひめもす【終日】
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本室町時代訓)「公事(をほやけのわさ)(いとま)(な)し。終日(ヒメモス)に尽し難し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひめもそ【終日】
〘名〙 「ひめもす(終日)」の変化した語。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「自証の時は、終日(ヒメモソ)に説(とけ)ども不説、利他の時、無説の処に終日説也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐も‐すがら【終日】
〘名〙 一日中ずっと。
※俳諧・寛保四年歳旦帖(1744)「古庭に鶯啼きぬ日もすがら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

終日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation