@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

終焉【シュウエン】

デジタル大辞泉

しゅう‐えん【終×焉】
生命が終わること。死を迎えること。また、その時。臨終。最期。末期(まつご)。比喩的にも用いる。「終焉の地」「近代の終焉
[補説]書名別項。→終焉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうえん【終焉】[書名]
幸田文による随筆。昭和22年(1947)「文学に発表。父である幸田露伴の看取りを描いた作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうえん【終焉】
命の終わろうとすること。死のまぎわ。末期まつご
世俗を離れて静かに余生を過ごすこと。 ここを-の地と定める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐えん【終焉】
〘名〙 (古くは「じゅうえん」とも)
① 晩年を送ること。〔塵芥(1510‐50頃)〕
② 死に臨むこと。死のうとすること。また、その時。最期。臨終。いまわのきわ。
※拾遺往生伝(1111頃)上「其終焉之時、威儀如例」
※平家(13C前)一〇「されども終焉の時、一念の菩提心をおこししによって」
③ (比喩的に用いて) 物事の終わり。
※乱世逸民問答(1949)〈渡辺一夫〉「ルネサンスから始まった近代の終焉(シュウエン)のほうへと進んでいるのじゃないかと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終焉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

終焉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation