@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

組踊【くみおどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

組踊
くみおどり
沖縄の舞踊劇。老人,女踊,二才踊(にせおどり),雑踊など単独の端踊(はおどり)に対し,それらをみ合わせた的展開のある舞踊楽劇。物語は,登場人物の会話と幕内の抒情的な歌謡で進められ,このを地に踊りも見せる。楽は大小太鼓,笛,三線,琴。中国の冊封使(さくほうし)をもてなすために,踊奉行の玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が創作したといわれ,享保4(1719)年に初演され,おもに貴族の子息が演じた。本土の狂言歌舞伎などの影響が曲目や演出に認められるが,劇構成は中国の戯曲に近い。『執心鐘入』『女物狂』『二童敵討』『花売の縁』などの曲が著名で,それぞれ能の『道成寺』『桜川』『小袖曾我』『芦刈』の影響が考えられる。50曲ほどの台本が残っており,今日では沖縄各地に伝播したものが祭りの際に演じられるほか,民間の舞踊団に継承されている。1972年国の重要無形文化財に指定。2010年世界無形遺産に登録された。(→沖縄舞踊

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

組踊
琉球王国の時代、中国からの使者をもてなすため、首里城で演じられた音楽劇。 立方(たちかた)(役者)が独特の節回しで沖縄言葉のセリフを唱え、地謡(じうてー)(三線などの演奏者)が琉球音階旋律を奏でて劇を盛り上げる。
(2020-02-25 朝日新聞 朝刊 文化文芸)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

くみ‐おどり〔‐をどり〕【組踊(り)】
数人が組んで踊ること。また、その踊り。
二つ以上の踊りを組み合わせて構成する踊り。
18世紀以来、琉球(沖縄)で伝承されてきた、せりふ・音楽・舞踊からなる古典劇。享保4年(1719)中国の冊封使(さくほうし)を歓待するため、踊奉行(おどりぶぎょう)の玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が創作上演したのが始まり。ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

組踊
組踊は沖縄に古くから伝わる伝統芸能です。音楽、踊り、台詞で構成されている沖縄独自の歌劇です。昭和47年の沖縄本土復帰と共に、国の重要無形文化財に指定されました。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

くみおどり【組踊】
沖縄の歌舞劇。18世紀に中国からの冊封使を歓待するために宮廷で踊られた,冠船踊一種。時の躍奉行(おどりぶぎよう)であった玉城朝薫(たまぐすくちようくん)(1684‐1734)によって作られた。琉球古事題材にしてこれを歌謡と舞踊で構成するが,日本の能楽や歌舞伎の影響もみられる歌舞劇となっている。朝薫以外の人による作品もあり,現在47の組踊の台本が残っている。明治以降は民間の人々によって伝承されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

組踊
くみおどり

18世紀初めに沖縄で創始され、今日まで伝承されている楽劇。古くから中国と親交の深い沖縄では、国王がかわるたびごとに皇帝の使者が多数来島し、厳粛な戴冠(たいかん)の儀式と、それに伴う盛大な宴が催された。そのときの余興芸能として数々の芸能が組まれ、御冠船踊(おかんせんおどり)と称されたが、これは踊り中心の、小童の群舞がほとんどであった。これに対して組踊は、沖縄に古くから伝わる音楽と舞踊を総合的に取り入れ、一つの物語を形成した戯曲になっている。創始者は玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)で、1719年(享保4)の尚敬王冊封(さくほう)式典後の重陽(ちょうよう)の宴において、首里城内の特設舞台の御冠船踊に上演されたのが最初である。そのときの演目は『鶴亀二児復父仇古事(つるかめにじちちのあだをふくするのこじ)(二童敵討(にどうてきうち))』と『鐘魔事(しょうまのこと)(執心鐘入(しゅうしんかねいり))』の2番であったが、その後『銘苅子(めかるしい)』『女物狂(おんなものぐるい)』『孝行の巻』の3番を完成、組踊の確立をみせた。この5曲は後の組踊と区別して玉城の「五番」と称されている。玉城は組踊を書き上げるまでに5回も薩摩(さつま)や江戸へ出張しており、滞在中に人形浄瑠璃(じょうるり)や能狂言、歌舞伎(かぶき)などを見て、創作への足掛りをつくったといわれている。彼は素材を沖縄の史実や古伝説からとり、「能と歌舞伎の中間に位置する」組踊という画期的なジャンルの誕生にこぎ着けたのであった。

 組踊は音楽、舞踊、台詞(せりふ)の3要素からなるが、とくに音楽のもつ意義は大きく、古くは「組踊を聞きに行く」といったほどである。内容は、創作当時の思想を反映して、忠、孝、節、義が強力に表現され、ほとんどが「めでたしめでたし」で終わる展開になっている。現在50種ほど残っているが、今日でも演じられているのは約半数にしかすぎず、前述の玉城の五番をはじめ、平敷屋朝敏(へしきやちょうびん)の『手水(てみず)の縁(えん)』、田里朝直(たさとちょうちょく)(1703―1773)の3番(『義臣物語』『万歳敵討(まんざいてきうち)』『大城崩(おおぐすくくずれ)』)中の前2組、高宮城親雲上(たかみやぐすくぺえちん)の『花売の縁』、久手堅(くでけん)親雲上の『大川敵討(おおかわてきうち)』、辺土名(へんとな)親雲上作といわれる『忠臣身替の巻』、平敷(へしき)親雲上作といわれる『巡見官(じゅんけんのかん)』、作者不詳の『久志(くし)の若按司(わかあじ)』や『姉妹敵討』などである。

 組踊は、本来は能楽式舞台を使って宮廷で上演されてきたが、今日では多目的ホールで3間(約5.5メートル)四方を使って、民間の舞踊研究所単位で演じられている。舞台の上手に三味線、大小の太鼓、笛、琴、胡弓(こきゅう)などの地方(じかた)と地謡(じうたい)が並び、伴奏し謡う。登場人物はおもに下手から出入りし、韻文体の詞章で台詞を交わし、舞踊を主とした様式的な演技表現をする。昔は役者はすべて男性であったが、今日では女役は女性が演じることが多い。また、組踊は廃藩置県以後に宮廷芸能から脱して村々へ伝播(でんぱ)し、沖縄各地の村踊りで盛んに演じられてきた。現在も旧暦8月には観客と演者が一体となって楽しんでいる。1972年(昭和47)沖縄の本土復帰にあたって国指定の重要無形文化財(総合認定)となり、2010年(平成22)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。2003年には組踊音楽太鼓で島袋光史(しまぶくろみつふみ)(1920―2006)が、2005年には組踊音楽歌三線(うたさんしん)で城間徳太郎(しろまとくたろう)(1933― )が、2006年には組踊立方(たちかた)で宮城能鳳(みやぎのうほう)(1938― )が、2011年には組踊音楽歌三線で西江喜春(にしえきしゅん)(1940― )が、2017年には組踊音楽太鼓で比嘉聰(ひがさとし)(1952― )が重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。

[當間一郎]

『當間一郎著『組踊選集』(1968・沖縄風土記社)』『服部四郎・仲宗根政善・外間守善編『伊波普猷全集3 琉球戯曲集』(1974・平凡社)』『矢野輝雄著『組踊への招待』(2001・琉球新報社)』『矢野輝雄著『組踊を聴く』(2003・瑞木書房)』『勝連繁雄著『組踊の世界――私の見方・楽しみ方』(2003・ゆい出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

組踊
(沖縄県)
無形文化遺産」指定の地域遺産(2010(平成22)年)。
組踊は、せりふ、音楽、所作、舞踊によって構成される歌舞劇であり、首里王府が中国皇帝の使者である冊封使を歓待するために、踊奉行であった玉城朝薫(1684~1734)が創作したもの。1719(享保4)年初演された。以後、士族の子弟によって演じられたが、明治以降は市井の舞台で演じられ受け継がれている。重要無形文化財(芸能)

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くみ‐おどり ‥をどり【組踊】
〘名〙
① 二人、または三人で組になって踊ること。
※雑俳・住吉おどり(1696)「はじめにて・むらびゃうしなるくみ躍」
② 数種類の踊りを組み合わせて一つの踊の舞台を構成したもの。
③ 沖縄の伝統芸能の一つ。せりふ、歌、舞踊からなり、沖縄古来の演劇的な神事に、能や狂言を取り入れたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組踊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

組踊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation