@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

組香【クミコウ】

デジタル大辞泉

くみ‐こう〔‐カウ〕【組香】
数種のをたき、その香のを言い当てること。また、その香。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くみこう【組香】
複数の香木和歌や物語の主題によって組み,香を聞き当てる遊戯をいう。題には和歌を用いることが多く,証歌という。素材が香木の薫りであるから,それにふさわしい主題は限定され,またあまり複雑な表現は困難である。 組香の原型は15世紀,室町時代に始まる十炷(じつちゆう)香,十種香である。このころ催された香会(こうかい)はほとんどが十種香で,ときには名香合や炷継香(たきつぎこう)も行われた。室町時代の十炷香については確認できないが,少なくとも桃山時代には現在と同様式であったと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くみこう【組香】
香道の一。ある主題のもとに数種の香木を炷き、その主題を念頭におきながら香を識別する遊び。和歌を主とする文学や故実を題材とするものが多い。千種以上が伝わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

組香
くみこう
室町時代より始まった香名をあてる鼻識の競技。古い作法の十(じっちゅうこう)は、火元の香本は、3種の香名を参加者に順次聞かせ、次に四種十封などとよばれる複雑な組合せをする。まだ試していない香を「客」とし、初客、二客、三客とする。組香の種類には競馬香、源氏香など200~300種あった。聞香は、三条西実隆(さねたか)の御家(おいえ)流を祖とし、志野流、建部(たけべ)流、米川(よねかわ)流など流派が分かれ、組香も各家に伝わる外組の香があったが、多くは江戸末期に廃れた。なお、平安時代よりある薫物合(たきものあわせ)の名香合(めいこうあわせ)は、香質の良悪を競うもので、組香とは異なる。[猪熊兼勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くみ‐こう ‥カウ【組香】
〘名〙 香道で、種々の香木を定められた方法で(た)いて、その香りを聞き、香の異同を言い当てる、寄り合いの会の様式。〔香道千代の秋(1733)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組香」の用語解説はコトバンクが提供しています。

組香の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation