@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経営教育【けいえいきょういく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

経営教育
けいえいきょういく
management education
経営がその構成員の能力啓発を目的として行う教育を総称する。経営教育は、経営成果の向上を直接の理由にしているが、それだけではなく、人生の大部分を経営内で生活する構成員に対し自己充実の機会を与えるという社会的要請にも結び付いている。
 経営教育はいろいろな角度から分類され、体系化されている。まず内容の面から、技能教育、リーダーシップ教育、スタッフ教育、新入社員教育、人づくり教育などに分けられる。技能教育は職業訓練とよばれてきたもので、各種業務の遂行に必要な技能を教育する。リーダーシップ教育は、階層に応じた経営管理者の指導性の教育であり、定型的なものとしては、上層から、EDP(executive development program)、MTP(management training program)、TWI(training within industry)などがある。狭義の経営教育はリーダーシップ教育のみをさす。スタッフ教育は管理技術を、人づくり教育は教養を主として教育する。各種経営教育は、その内容が一定のコースに編成されているか否かによって、定型的経営教育と非定型的経営教育に大別される。前出のMTPやTWIは定型的経営教育の代表的なものである。さらに各種経営教育は、それが行われる場所によって、職場内経営教育すなわちOJT(on-the-job-training)と、職場外経営教育すなわちOffJT(off-the-job-training)に分けられる。OJTは、被教育者である従業員が職務に従事しながら管理者や先輩従業員による教育を受けるものである。このほかの分け方としては、社内教育と社外教育(社外機関による講習会などによる教育)、集合教育と個別教育などがある。また教育の技法としては、講義方式、事例研究、ロール・プレイング(役割演技法)、ブレーン・ストーミング(アイデアを展開する討論方式)、ビジネス・ゲーム(競争状態を再現して優劣を競うゲーム)などがある。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経営教育」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経営教育の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation