@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経木【きょうぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経木
きょうぎ
えぞ松,赤松きり,もみなどの木材から製造する薄い木片。弁当の折箱や菓子箱など簡易包装容器などに使用。昔これに経文を写したことからこの名があるといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐ぎ〔キヤウ‐〕【経木】
檜(ひのき)などの木材を紙のように薄く削ったもの。菓子・料理の包装などに用いる。
経文法名を書く幅25センチほどの細長い薄板。寺に納め、追善供養とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうぎ【経木】
スギ,ヒノキ,その他の木材を薄く削りとったもの。つまり,〈へぎ〉〈へぎ板〉の別称として現在では用いられているが,元来は〈へぎ〉の用途上の呼称の一つであった。〈へぎ〉の語は〈(へ)ぐ〉という動詞の名詞化したもので,〈片木〉〈折〉などと書く。きわめて古くから行われていたもので,適宜の長さに輪切りにした原木をなたで割り,それを〈へぎなた〉などと呼ぶ刃物で薄く削りとった。それをそれぞれ便宜の寸法にし,屋根板に使ったものが(こけら)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうぎ【経木】
スギ・ヒノキなどの板を、紙のように薄く削ったもの。物を包んだり手工業の材料にしたりする。鉋掛かんなかけ。
経文を書く幅25センチメートルほどの薄い板。鎌倉末期より行われ、寺へ納めて死者の追善とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

きょうぎ【経木】
杉・(ひのき)などの木材を紙のようにうすく削ったもの。料理や食品を包むのに用いる。◇古く、経文を記すのに用いたことから。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

経木
きょうぎ
スギやヒノキ、マツなどの木材を、紙のように薄く削ったもの。菓子やみそ、魚などの食品を包んだり、折り箱の底に敷いたりして用いる。古くは経文を書写したことからこの名があり、かんなかけ(鉋掛)、へぎ(折、片木、剥)、また幅の広いものはうすいた(薄板)ともいう。元来は折り箱や折盆(へぎぼん)、あるいは折敷(おしき)などの用法が一般的であったが、1852年(嘉永5)に宮嶋勘左衛門(みやじまかんざえもん)によって、枇木(ひぎ)とよばれる包みものに便利な薄経木が開発されてからは、前者を厚経木として区別している。用材としては、色が白く、繊維が強くて年輪のそろった樹木が適しているが、なかでもドロノキやタカノツメ(ともに箸(はし)やマッチの軸木にも用いる)が称美されている。現在では産出量の面から、エゾマツ、アカマツ、トドマツ、カラマツなどが主流を占める。なお、経木を材料に用いたものとしては、木曽(きそ)の檜笠(ひのきがさ)、高知の土佐笠などの工芸品のほか、兵庫のマッチなどがよく知られる。ことに経木真田(さなだ)といって、経木を細く切って真田紐(ひも)のように編んだものは、夏帽子などの製品となって海外にも輸出され、経木産業の振興の一因ともなった。また縦糸に綿糸、横糸に経木を用いた経木織物は、襖張(ふすまはり)地や座ぶとん地に用いられ、和紙などを貼(は)り付けた経木紙は、折り箱の材料として普及している。[宮垣克己]
『田中信清著『経木』(『ものと人間の文化史37』1980・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐ぎ キャウ‥【経木】
〘名〙
① 鎌倉時代より、追善供養や逆修のために、杉などを薄く削った木片に経文を記したもの。(こけらきょう)
※実隆公記‐享祿元年(1528)閏九月二日「法花経経木百五十把到来」
② 杉、檜などを長方形に薄く削ったもの。元来①に用いたが、のち、菓子、魚などを包んだり、舟などの形にして食品を入れたりするのに用いるようになった。かんなかけ。へぎ。〔運歩色葉(1548)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「太山樒(みやましきみ)を伐とりて、九本の経木(キャウギ)を削作(けづりな)し」
③ 読経の時に打つ拍子木。音木(おんぎ)
[語誌](1)嘉永五年(一八五二)、現在一般に経木といわれる食品を包む薄経木が考案される。食品の包装には、それまで竹(マダケ)の皮が用いられていたが、嘉永四年関東一円で竹皮の不足が生じ、これを契機に武州月輪の宮嶋勘左衛門が竹皮の代用品として作り始めたのが薄経木の始まりで「枇木(ひぎ)」という名称で売り出された。
(2)薄経木という名称が確立するまで、呼称はできた土地で思い思いにつけられたのでまちまちであった。例えば、東京「経木(きょうぎ)」、群馬「経木(へぎ)」、栃木「木皮(きっかわ)」、岩手「径木(けいぎ)」、秋田「べら」、青森「鉋殻(かんながら)」、北海道「薄皮(うすかわ)」等である。薄経木という名称は、長野県で昔から折箱の材料を作っており、後から包み経木を作った時、区別するために厚と薄といったのが始まり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation