@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経済学批判【けいざいがくひはん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

経済学批判
けいざいがくひはん
Zur Kritik der Politischen konomie
マルクス著。1859年刊。独自の経済理論体系について執筆した、膨大な草稿『経済学批判要綱』(1857~58)に基づいて、その第1分冊として出版された。このなかでは、商品と貨幣が検討されており、商品の二面性、労働の二重性、貨幣の本質や諸機能などが明らかにされ、価値や貨幣に関する諸理論の検討が行われている。その後、第2分冊以降に予定されていた「資本」に関する章の出版計画は変更され、『経済学批判』の内容も含めて、『資本論』へと再構成されることになった。この『経済学批判』につけられた「序言」では、経済学のプランが示され、さらにマルクスの経済学研究の歩みと、「導きの糸」としての唯物史観の簡潔な説明が行われていて有名である。[重田澄男]
『武田隆夫・遠藤湘吉・大内力・加藤俊彦訳『経済学批判』(岩波文庫) ▽杉本俊郎訳『経済学批判』(大月書店・国民文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済学批判」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経済学批判の関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation