@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経済林【けいざいりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経済林
けいざいりん
林木を計画的に育成し,経済的に利用することを目的とする森林,すなわち生産業の対象としての森林をさす。天然林原始林,あるいは保安林保護林に対応して使われる用語。天然林は原生のままの森林であるが,伐採の目的で林道がつけられ,計画的に植林を行い,林産品が育成されるようになれば,経済林としての性格が出てくる。日本の林業は,天然林の伐採とその輸送を行う採取的林業から出発したが,次第に人工植林,用材の計画生産などの経済性を伴った育成的林業の性格を強め,現在では有数の育成的林業国として知られている。世界的にみるとまだ採取的林業国のほうがはるかに多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経済林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation